まぢ?生活の党の正式名称は「生活の党と山本太郎となかまたち」に変更

Toshiaki Kanda 2014年12月26日 金曜日
0 people like this post

https://www.youtube.com/watch?v=8Xdo83Sd_Jc

先の衆院選で政党要件を失った生活の党は26日、新たに無所属の山本太郎参院議員を加え5人となった。総務省に同日、政治資金規正法に基づく政治団体の届け出を行い、再び「国会議員5人以上」の政党要件を満たし、来年の政党交付金を受け取ることができるようになった。

党の正式名称は「生活の党と山本太郎となかまたち」に変更した。代表は小沢一郎氏が引き続き務める。生活は衆院選の当選者が小沢氏ら2人にとどまり、「比例代表の得票率2%以上」の条件も満たせずに政党要件を失っていた。

引用元: Yahoo!ニュース – 生活に山本太郎氏入党 再び「政党」に 交付金も支給へ (産経新聞).

小沢一郎もついに、政党要件を失い、山本太郎議員を招いて、ようやく国会議員5名という政党交付金を受け取れる体制になった。

無所属議員の、山本太郎のユニークな入党するための条件だしが伺える。

なんと政党名が、「生活の党」から、「生活の党と山本太郎となかまたち」に変更となったという。

この提案を山本太郎からされた小沢一郎は、きっと自らの政治生命の凋落ぶりを感じたことだろう。そして、それを認めているからこそ、こんな政党名になってしまった。

どんなやりとりがあったのだろうか…小沢一郎、最大の苦虫をつぶした顔が想像できる。

山本太郎は、「ボクは別にずっと1人でもいいんですよ…」と言ったかもしれない。

小沢一郎はそこまでしてでも、政党維持にこだわった。壊し屋小沢一郎が初めて保守的になったのかもしれない。

しかし、それはもはや、党としてのポリシーがないのも同然。

政党交付金をもらうための党になったとしか思えない。

そして山本太郎はいつしか、この党の党首ととしての顔になるのは、この党名を見れば明確だ。

この記事に関連する記事

Category: politics
  • 0
  • 203
Toshiaki Kanda