141 Views

アパホテル 元谷芙美子社長の『絶対に不幸にならない人のルール』

アパホテルの経営戦略 元谷外志雄もとやとしお
https://4knn.tv/apahotel/

奥さん社長の資質をすべて見抜いているだんなが素晴らしいと思う…。
奥さんが広告塔になれば社会に、悪い意味で話題になることをすべて計算づく。
ボクも最初、芙美子社長の大顔面の広告を見て、なぜに公共の場の広告で社会的に不快な思いをしたことがある…。
鈴木その子さんの銀座の巨大看板や、高須クリニックの院長のドヤ顔などと同じ不快な思いだった。
しかし、それは、戦略だったのだ。

それに負けない奥さま社長の資質がある。

そして、アポホテルの耐震偽造問題が、リーマンショックの不動産ピンチを救うとは、運も味方してくれたのは、お天道さまが見ていたとしか思えない…。

ヨットは無風じゃ動かない。逆風でもいいから風が吹けば、ジグザグしながらも前に進める。人生は、アゲインストの風が吹いてもいいの。追い風でも逆風でもいいから、上手く操舵していけばいいんです。

逆境、失敗、誹謗中傷「それが何か?」――アパホテル元谷芙美子社長に見る“絶対不幸にならない人”のルール
タグ:インタビュー, マインドアップ, 働き方, 自分磨き


https://woman.type.jp/wt/feature/9119

❏この人の話を聞いていたら、何だかクヨクヨしてばかりの自分がとてもバカらしく思えてくる。

❏人から見れば、これは挫折と言えるのかもしれません。けれど、私は自分が置かれた状況を「まぁそれもいいじゃない」と割り切って楽しむことにしました。

❏人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)ね。一見すると不幸なできことが、幸せへとつながっているということは往々にしてあるもの。

❏人生いろんなことが起こるけど、決して逆境と考えるべきじゃないということ。必ずその先の未来に希望が待っている。まずはそう信じてみると道が開けていくと思います。

❏自分の容姿に正直自信はない(笑)。だから、知性や品性をプラスしようと思って、今みたいに大好きなお帽子をかぶって広告に出ることにしたんです。

❏日経新聞の一面に「私が社長です」ってドーンと出てね。そうしたらもう、誹謗中傷の嵐が始まりました。「公共の福祉に反する!」なんて書かれた手紙ももらいましたよ(笑)。私は手元に届いた手紙に全部目を通し、こうお返事をしました。「ご意見ありがとうございます。よろしければぜひ私に会いに来てください。そうしたら、きっと好きになっていただけると思います」って、宿泊券を添えてね(笑)。

❏私からすれば、こんなの大チャンスですよ。人によっては、知らない人からあれこれ容姿を叩かれたりしたら心が折れてしまうかもしれません。でも、私は最初から「素敵な社長さんだ」なんて称賛してもらえるとは思っていなかった。広告塔なんだから、見てもらって話題になったら大成功。クレームだって反響の一つです。むしろ何も言われないのが一番ダメでしょう? そう腹をくくっていました。

❏きっと私が美人社長だったら、誰もこんなに覚えてはくれなかったでしょうから(笑)

❏ヨットは無風じゃ動かない。逆風でもいいから風が吹けば、ジグザグしながらも前に進める。人生は、アゲインストの風が吹いてもいいの。追い風でも逆風でもいいから、上手く操舵していけばいいんです。

❏2007年1月に起きた耐震強度不足のニュースを思い出す人も多いと思います。アパグループが所有する京都市内の2棟のホテルが耐震強度の基準値を満たしていない、ということでメディアでも騒ぎになりました。

❏リーマンショックが起こり、不動産の価値が大暴落。借入金を返済するために、所有していた土地をちょうど全部売り払ったところだったので、私たちはその損害を免れたどころか、分譲するマンションのプロジェクト資金まですべて返し終えたので、後からマンションの販売代金が入ってきて、手元に潤沢な資金が残りました。土地が値下がりした今こそ仕入れのチャンス。そこで、皇居を取り巻く都心3区をはじめ東京都心部で土地を70カ所ほど購入し、次々とホテルを建設していきました。結果的に、あの07年の大ピンチが、今のアパグループの大躍進をもたらしたのです。

❏勇気が出るおまじないの言葉は、「絶対大丈夫」。私はいつも「大丈夫、大丈夫、絶対大丈夫!」って口癖のように言っています。「命まではとられん!」って腹を決めていれば、何だって平気です。

❏こんなお話しばかりしていると、私のことをとんでもないプラス思考の人間だって思うでしょうね。ええ、その通りです(笑)。だってプラス思考って大事ですよ。なんたってパワーが湧きますから。私は美人じゃないし、すごく賢いってわけでもない。でも、パワーは唯一の取り柄です。

❏プラス思考の秘訣は、思い込み。 親がお金持ちじゃないとか、東大を出ていないとか、ダメなところばかり数えて生きるより、自分の良いことを数えて生きた方が絶対モチベーションが上がるじゃない。それに、思い込むことは税金ゼロ。タダですよ。自分は運がいいんだって、信じ込んでみてください。

❏「単にいろんなラッキーが重なっただけ」と思う人もいるかもしれませんね。だけど、断言できることは、幸運は待っていても転がってくるものじゃないということ。運という字は、「しんにょう」に「軍」と書きます。「軍」とは、戦のことです。つまり、「運」は自分で戦って勝ち取るものなんです。

❏他人と戦って勝ったって楽しくないでしょう。人と比べてばかりいるそんな小さな自分、早く捨てちゃいなさい。それよりも自分自身に戦って勝ち続ける人生の方がよっぽど楽しい。自分を信じて、常に自分と戦い続けるんです。他人を信用するのはリスクがあるけど、自分を信じるのは簡単。だって、自分は自分を見捨てることなんてできないから。幸せに生きる鍵は、いつだって自分の手の中にある。そのことに気づいた瞬間、あなたの人生はきっともっと楽しくなりますよ!

https://woman.type.jp/wt/feature/9119

この記事に関連する記事