1,094 Views

スパイク・ジョーンズ監督作品「I’m Here」フルムービー公開

近未来、ロボットと人間が共存する社会。

ロボット同士が恋をして、社会的弱者として、マイノリティーとしてすごす。

ロボットにも感情が生まれた時、人間に対して絶対に服従というアシモフの「ロボット3原則」は、果たして正義なのだろうか?

ロボットにも権利が生まれてくるのではないだろうか?

もしかすると、奴隷解放運動のように、ロボットにも人権が与えられるのか?

そんなことをふと考えるきっかけになった作品だ。

ロボットが人間的な感情を持った瞬間、ロボットを差別する社会はよくないような気がしてきた…。

pepper君の発売が楽しみでもあり、少しこわい気もする。
ターミネイターの世界の入り口に立っているのかも知れない。

この記事に関連する記事