ソニー35mmフルサイズCMOS コンデジDSC-RX1 2012/11/16発売

Toshiaki Kanda 2012年09月13日 木曜日
0 people like this post

スポンサーリンク



 

ようやく、ソニーらしい、ぶっ飛んだ製品を登場させてくれた!

そう、ソニーは金に糸目をつけずに、コンデジにフルサイズのCMOSという新しいユーザー層を生み出さねばならなかった!

このサイズで25万円!

 ライカが買えるじゃライカ!と言わせてしまうくらいのインパクトが必要だった。

実機の写りが良ければ、この持ち歩ける普段使いのフルサイズは気になる人は多いと思う。DSC-RX1で買わなくても、この次、この下あたりの廉価版なら、ボクみたいなユーザーの物欲魂に火がつき始める。

タイミングも他のカメラがすべて出そろった時期の発売。今年の年末カメラ商戦は大変になりそうだ。

ソニーは2012/11/16に35mmフルサイズCMOS コンデジDSC-RX1を発売する。

DSC-RX1は、「Cyber-shot(サイバーショット)」の最上位機種として、35.8×23.9mmの35mm フルサイズCMOSセンサを搭載する。

価格はオープンで、実勢価格は25万円前後の見込み

「DSC-RX1」は、有効約2430万画素の35mmフルサイズ「“Exmor(エクスモア)”CMOSイメージセンサー」を採用。一般的なコンパクトデジタルカメラが採用する1/2.3型(約5.7×4.3mm)の約35倍の受光部面積をもつ。

ソニーの株価は今週は好調!

 

 

全く興味のなかったソニーのシリーズだけど、この最高すぎるコンデジを触る前に、この機種が気になってきた。
値段も手頃だし…。






 

 

この記事に関連する記事

Category: typepad
  • 0
  • 66
Toshiaki Kanda