600 Views

ブログやUSTに「投げ銭」できるサービス「ポチ」本日サービス開始!http://po-chi.jp @pochi_biglobe



2011年04月18日(月)より、NECビッグローブから、投げ銭ができるサービス「ポチ」が開始となりました。

http://po-chi.jp 

さっそく、エントリーしてみました。

http://po-chi.jp/contact/

クリエイターの申請書を送って申し込みを済ませると、embedタグが送ってこられます。

それを、ブログにペタっとembedすると、寄付してもらえるというスタイルです。

ポチされた金額の70%が、クリエイターにわたるという仕組みです。AppStoreと同様、30%の手数料ですね。

ここは、85%くらいわたるというようにしてほしいものです。いわば広告代理店の進行管理料15%程度で。

 

まずは、ここにembedしておきます。

誰が、ポチしてくれたとかわかるのかな?

とりあえず、テスト的にも、どなたか人柱でポチしてみてください。

結果はまた、このブログに追記してレポートしてみたいと思います。

個人のブログのアフィリエイトから、始まったマネタイズは、このような投げ銭システムまで登場。

しかし、投げ銭の弱点は、一度支払ったら、モチベーションが下がるところ。

ここは、Amazonのアソシエイトリンクや楽天のアフィリエイトリンクも連携して、継続してお世話になっている人たちに、ポチできると、いいですね。

また、誰がポチしてくれたかがわかると、いろいろ展開が変わってきそう。

TSUTAYAのポイントなんかでも、もらえるといいのかも…。

 

BIGLIBE ポチとは…。

100円~1万円まで、希望額を自由に設定し、入金できる

利用者は、サイトやアプリ内に設置された “ポチボタン”をクリックするだけで、銀行振込などの手間なく入金し、サービス提供者に感謝の気持ちを伝えることができる。 金額は、300円、500円、1000円(税別)からワンクリックで選択できるほか、100円以上1万円以下(税別)で、100円(税別)単位で自由に設定可能。

動画、アプリ、ブログなど様々なコンテンツが自由に参加できる

無料で提供されている動画、アプリ、ブログ、ウェブサイトなど、様々なコンテンツが“ポチ”の対象となる。制作者は、コンテンツ内に“ポチボタン”を設置するだけで、銀行口座や連絡先、本名などの個人情報を公開せず、利用者からの“ポチ”がうけられるほか、所定のフォーマットにテキストや写真をアップロードするだけで、サービスや活動を紹介するファンページも制作できる。サービス開始当初は、約30のコンテンツを対象とし、本年秋からは、「ポチ」サイト上からコンテンツを登録できる仕組みを公開し、本格的に展開していく。

 

 
 

 

この記事に関連する記事