amazon audibleの解約方法だけど、親切すぎて逆にわかりにくいUIデザインだった

Toshiaki Kanda 2016年01月02日 土曜日
0 people like this post

いつでも退会自由…とある。

amazonサイトからではなく、
audible.co.jp
のサイトから入会と退会をおこなう。

アカウントサービスにいつでも「退会」が表示されるはずだが…、

ボクのアカウントにはその「退会」の文字が表示されていない…。

ボクの場合は、
2016-01-02に会員資格が失効します。

とあり、「アカウントサービス」に「退会」するボタンが見当たらなかった。

さらにiOSの「audible」のアプリのFAQには、こんな条件が書かれていた。

Audible会員とは、どういう制度ですか?
月1500円のお支払いで、ライブラリー内のすべてのタイトルにアクセスし、ダウンロードする事が可能です。1カ月間の無料体験をご用意していますので、その間のお支払いは発生しません。
1カ月の無料体験期間が終了すると、自動的に正会員となりお支払いが発生します。

「会員資格」は失効するけれども、自動的に「正会員」となるのか?

それは、怖いので、本日、2016/01/02に
実際にメールで、解約を申し込んでみた。

お返事が届く!お正月の早朝にもかかわらずの対応に驚く!

アカウントサービスは、

これで、解約ができたはずだ。

しかし、自動的に「正会員」という「正会員」という文言が使われていないので気になる。
「Audible会員」と「正会員」は意味が違うのか?

はじめてのユーザー、特に月額課金のサービスにはこの辺りの「会員名称」は明確に統一しておくべきだろう。
ユーザーは、ネットで、騙される経験を、何度もしてきているので、用心深くなっているからだ。

24時間対応のカスタマーサービス

0120-899-217 (24時間対応)
に確認すると…

期間が来たら、解約となる申し込みをしているから「退会」サービスボタンが消えているようですとのこと。
なるほど、そういうことだったのか…。そんな親切な対応をおこなっているのだ。

「無料体験」というサービスには、ほとんどすべて申し込んでいるので、そんなことができる良心的なサービスはすぐに使っていたことさえ忘れている。

登録後すぐに、解約手続きをおそらく無意識でおこなっていたのだ。
せめて、それであれば…そのことをもっとユーザーにリマインドすべきだ。

「お客さまは◯月◯日◯:◯に、すでに解約手続きをとられています。◯月◯日に自動的に解約処理となります。しかし、Audibleは月単位でお楽しみいただけますので、◯月◯日まではこのままでご体験いただけます。
また、入会されたい場合はこちらからいつでもご入会いただけます。」

のような表示にしていただければありがたい。「退会」の文字を探しまわらなくても済む。

Audibleのサービスは非常に良心的なので、この表記面で創意くだされば、さらに快適なサービスになると思う。

しかし、amazonの関連グループといえども、amazonの電子メールとパスワードをamazonのサイト以外で打たされるのは、心情的にすごく不安だった。

amazonのメニューの中で会員管理もするべきだろう。

AudibleはAmazonの関連会社です。
…とありながらも、
URLは、amazonの「ap/signin」で管理しているんだから…。

https://www.audible.co.jp/

の同じデザインのフィッシングサイトが登場するだけで、amazonアカウントが簡単に乗っ取りできてしまうじゃないか!

洋書の amazon audible.comとの違い

ボクの解約理由は、洋書のaudible.com が読める、いや聞けると思っていたが、洋書がまったくラインナップされていなかったことだ。
しかも月額1500円だ。

http://www.audible.com/offers
海外のaudibleは最初の三ヶ月間は、7.49ドルである。その後は14.95ドル

18万冊も読める…いや聞ける! 日本のライナップは何冊なのだろうか?まだまだ弱いのは明確だ。
20のジャンルはあるが、冊数は1万冊もないのではないだろうか?

洋書では、音で読めるSTAR WARSもこれだけある…。

なんと、映画の効果音や音楽まで入っているではないか!〜
映画のノベライゼーションなので、映画のシーンを何度も聞けるぞ!

http://www.audible.com/pd/Sci-Fi-Fantasy/Star-Wars-The-Force-Awakens-Audiobook/B0145UL4MI/ref=a_mn_mt_ano_c26_1_1_i/190-5697896-6191649?ie=UTF8&pf_rd_r=0E5286RZSJ7QV78CNKKM&pf_rd_m=A2ZO8JX97D5MN9&pf_rd_t=101&pf_rd_i=anon-hp-redirect-mt&pf_rd_p=2367034442&pf_rd_s=center-26#publisher-summary

そうか…洋書だけならば、audible.com でいい。しかし、せっかく日本のaudible市場があるのだから和書も洋書も聞けたほうがよいと思うのだが…。

なんと、prime会員なら3ヶ月もさらに無料期間があるという!
この間にラインナップが増えていることに期待したい!

オフィシャルな解約方法

オーディブル会員の退会方法について、ご案内させていただきます。
退会のご希望は、ホームページで受け付けております。下記の手順に従って操作してください。

1. www.audible.co.jpのホームページにアクセスする。
2. ページ上部の“アカウントサービス”をクリックする。
3. “アカウント情報”から“退会する”ボタンをクリックする。
4. 退会理由についてご選択いただき、退会処理を完了させてください。

※上記手順はPCサイトでの手順となります。
スマートフォンやタブレットからアクセスされた場合は、トップページ画面左斜め上の三本線アイコンをタップいただき、アカウントサービスより「退会する」のリンクから手続きください。

退会されますと、次回のご請求は発生しません。又、次回のご請求日前日まで会員資格は有効ですので、ライブラリーにアクセスしていただく事ができます。前回のご請求日から1か月が経ちますと、会員資格が失効し、自動的にアプリからコンテンツが削除されます。

このたびは、お忙しい中ご連絡いただき、ご不便をおかけしておりますことを重ねてお詫び申し上げます。

オーディブルのサービスをご愛顧いただきありがとうございました。
お客様のまたのご利用をお待ちしております。

Audibleカスタマーサービス
フリーダイヤル: 0120-899-217 【24時間・年中無休】

この記事に関連する記事

  • 0
  • 514
Toshiaki Kanda