湯川鶴章のIT潮流: 2010年は電子書籍リーダー大躍進の年。次の進化はアップルが担う

もし、ソニーやアマゾンが、自分たちの電子書籍リーダーをプラットフォームとして解放しなければ、どうなるか。よほど優秀な開発者を社内に何人も抱えてなければ、アップルやグーグルの読書アプリの進化に取り残される可能性があるだろう。
 来年こそ、読書というエクスペリエンスが、これまでになかったほどの進化を始める最初の年である。紙の書籍を読むことよりも、何倍も何百倍も便利で楽しい電子書籍のリーダーに消費者が飛びつくのは間違いない。

via it.blog-jiji.com

【電子書籍】500年メディアと16年メディアがようやくシナジー。カラー化、軽量化、ビデオ化、地デジ化で 2011年はもう予測不可能! 湯川鶴章のIT潮流 : 2010年は電子書籍リーダー大躍進の年。


この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。