357 Views

「無料キャンペーン」は、何か特別なことと、フックさせること

スターバックスの無料コーヒーキャンペーン

コーヒーやタハコのような嗜好品は、いかにアディクト化(中毒)させるかがキモとなる。

ただ、単に無料で飲めますだけではなく、何か特別なこととフックすることはとても重要だ。

スターバックスが、2008年11月04日におこなったキャンペーン。

米国大統領選挙の日だった…。 

こんな特別なフックならばメディアにも取り上げやすいし、記憶にも残る、CSR的にも意味がある。

この新型インフルエンザ時代にCSRを考えたキャンペーンは、いろいろとできそうに思うんだけど…。

単に試飲なのではなく、政治参加の意思表示としての試飲。 

ホントにスターバックスのネットチーム ウマいなあ…。

また、なぜ、それを本日取り上げたのか?

それは、スターバックスのネット上でのリクルーティングキャンペーンをNYtimes.comが、取り上げた時に再度掲載されていたから。

ネット時代は、イベントやキャンペーンもアーカイブとして蓄積されるというメリットがあるから、特別なフックは後々知らない人にも周知することができる。



この記事に関連する記事