産みたいのに生めない NHKスペシャル「卵子老化の衝撃」

Toshiaki Kanda 2012年10月09日 火曜日
0 people like this post

スポンサーリンク


 

 

ハードディスクレコーダーのNHKスペシャルを見ている。

このスペシャルはまさに衝撃的だった。

卵子老化の衝撃

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0623/

少子化の問題は、国の大問題。しかし、そこに対して積極的な政策は何もなされていないも同然。

欲しくても生めないこの現実を、もっとアピールすべきだろう。

産みたいのに生めない…。これほど少子化の要因になっている現実を20代の時に知っていればもっと変るはずだろう。

日本は世界一の不妊大国 

 卵子の数は生まれた時からすでに決まっている。
生理の度に命がなくなっている。

男性の精子のように作られているのではない。

女性の卵子は年齢とともに年を重ね、35歳の女性が出産できる可能性は20歳代の半分になる。

不妊の検査や治療を受けたことのある夫婦は、6組に1組。年間21万件

不妊治療専門のクリニックが世界一多く、体外受精の実施数も世界一になっている。

不妊原因の半分は男性にある

夫が不妊の検査に行きたがらず、ようやく治療が始まった時には、妻の卵子が老化しているというケースが後を絶たない。

専門家は「早くに気付いて治療すれば、自然妊娠が見込めるケースも多い」と指摘する。

自分の卵子が老化していることを不妊治療の診察室で知ることが多い。

不妊治療の成功率

25歳  20.5%
30歳  19.6%
35歳  16.8%
40歳    8.1%
45歳    0.5%

不妊治療も35歳をすぎると成功率が落ちている。

 


スポンサーリンク




 

 

Category: politics, TV
  • 0
  • 212
Toshiaki Kanda