1,019 Views

銀行振込手数料比較 2014年消費税8%時代

銀行手数料比較 2014年消費税8%時代

しかし、21世紀にもなるのに、他行あてで、現金を3万円を振込むと、電信で648円(2.16%)、窓口の文書で864円(2.88%)もかかる。
今のご時世で「電信」なんてまったく使っていないのに…。
SUICAやPASMOでも他路線とやりとりできるんだから、銀行のほうが物理的にはもっとカンタンなはずだろう。
ほとんど、金利のつかない利息で国民から融資を受けて、自由に運用している銀行のビジネスモデル、金利つかないのならば、サービスでもっと還元すべきだろう。
銀行振り込みよりも、もっと安全で、もっとカンタンで、税法上もおとがめのないサービスはないのだろうか?

楽天銀行


http://www.rakuten-bank.co.jp/charge/

みずほ銀行


http://www.mizuhobank.co.jp/fee/furikomi.html

東京三菱UFJ銀行


http://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/furikomi.html

三井住友銀行


http://www.smbc.co.jp/kojin/fee/furikomi.html

郵便局
現金書留
+430円(基本料金に加算)
(損害要償額1万円まで)
さらに5,000円ごとに+10円(上限50万円)


http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/option.html

この記事に関連する記事