基本はすべての基本 腰とヒジ

f:id:knnkanda:20181005120020p:plain

 

2018/10/03水曜日 合同コース 子安先生

インパクト加重

左突き インパクトの時に左前足に加重

 

右突き インパクトの時に、右腰右肩を前に回転させながら、左前足に加重

 

押すのではなく、はじくイメージ。

拳や腕ではなく、足、腰、背中、肩のチカラを運ぶイメージ

この加重を意識しながら、基本に反映させる。

 

大事なのは、拳の後ろには必ずヒジが残る事。

そしてそのヒジの推進力は腰にある。

腰とヒジは非常に密接だ。

 

ヒジを使った攻防からの横からの攻め

 

相手との手の両手が触れ合うくらいの間合い。

相手の腕で押された時に、回し受けの要領で受け流し、横に入る。

 

この時に、ヒジを縮めることなく、残しながら相手のチカラで受け流す。チカラを抜かずに、受け流す感覚が重要!

 

『回し受け』の基本型の際に、この受け流すだけではなく、相手の圧力をコントロールできるだけのチカラは残して置かなければならない。

 

同時に斜めに足を送り、後ろ足も追従し、ヨコからの攻めに置き換える。

 

ヨコにはいった前足加重のまま、身体は半身を返しながら『下突き』と『フック』そして『上段蹴り』

この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。