1230万人フォロワーのYouTuber 『CaseyNeistat(ケイシー・ネイスタット)40歳の編集マジック!

 

決してイケメンでもない…しかし、モダンなYouTube型リポートの必要な要素をすべて彼は持っている。いや、ドキュメンタリーの最先端の要素だろう。

ある意味、現代のYouTubeをメインとしたフィルムメーカーだ。

ウディ・アレンがYouTuberだったらと思ってしまう。

彼の名は…

ケイシー・ナイスタット
https://ja.wikipedia.org/wiki/ケイシー・ナイスタット

 

2003年、Apple の iPodの電池交換の不備をビデオでアピールし、注目された。
ウディ・アレン監督というよりも、マイケル・ムーア監督手法だ。

 

Science experiments シリーズ

 

 

 

そして、それがきっかっけで、HBOのリアリティーショーへ

 

英語の字幕をオンにすると、英語のサブタイトルで英語学習教材ともなる…。

 

映画が完全分業による専門家だとすると、YouTuberは、すべて自分でまかなう個人フィルムメーカーといえるだろう。

■A380ザレジデンス しっかりお金をかけた機内ロケも

 

編集のタイミング、音楽、カメラアングル、自然に見えるけれども、かなり計算したカメラアングル。
どれだけ編集が大変な撮影をしているんだろうか?

映画のような、2時間の作品を紡ぐのではなく、いろんな多様性のある人たちの日常を垣間見ることができるのがYouTuberだ。

いろんな世界を、いろんな多様性の視点で編集というマジックで見せてくれる。

■YouTubeの表現の可能性…

イラストをメインにした、振り返りというフォーマット

https://www.youtube.com/watch?v=V6Y-ahQFQDA

https://www.youtube.com/watch?v=V6Y-ahQFQDA


子供と一緒のビデオ の表現もとってもユニーク!
単なるホームムービーでなくドキュメンタリー作品だ。

 

 

カメラアングルだけでも、とっても大規模な映画並みの撮影だ!

 

 


ロードムービーとしてもユニーク  旅のVLOGの参考に!

 

■ガジェット製品レビュー動画も、彼の手法をまねた人が多数!

DJI mini2

GO PRO HERO9

■話題の行きたい場所へ行ってくれる!

 

人工サーフィンプールの WavePool

https://www.youtube.com/watch?v=JWEYGDpTfAA

 

■家族の問題もドキュメンタリー化

筋書きがないリアリティー
自分の日常の主人公でもあり、客観的にも見つめる編集者でもある。
心理的に客観的な視点を持つことはとても良いことだろう。

 

ドローンのFIXの使い方が、うまい!
いろんなところでさりげなく、ドローンの撮影で映画的な表現も…。彼のカメラの扱いの真似はできなくても、伝えようとしている効果はよくわかる。

なによりも、これらのカットが監督とカメラマンと演者の3人がいれば構成できてしまう時代になっているのだ。機材はますます低廉化してくる。あとは、アイデアと手法となにをやり続けるかだ…。

 

この記事に関連する記事