2010年、パッケージメディアの終焉を予期させるいくつかの現象 | ビジネスポッドキャスト番組&海外情報【MediaSabor メディアサボール】

twitterブームは、一度忘れられようとしていたクラウドサービスの奇跡の復活。
これはまさしく、UGC(ユーザー醸成コンテンツ)の法則どおり、ある程度、知人の利用が増えたことによりブレイクしたと考えられる。それと「RT」というユーザーが勝手に使いだした拡張ルール。プロトコルは誰かが決めるのではなく、ユーザーに委ねられるというスタイルも新たなトレンドだろう。そして、リアルタイムなウェブ。googleの過去の検索ではなく、「なう」な世界観の共有と数時間先の予定など、自分に関わりのあるニュースが、まるで「回転寿司状態」のように自分を中心として回り始めている。

via mediasabor.jp

メディアサボールにて寄稿

この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。