Appleという会社の日本国内における市場規模サイズ 2013年度

Toshiaki Kanda 2013年07月29日 月曜日
0 people like this post

スポンサーリンク


 


 

2013年、第三四半期を発表を終えたApple いよいよ9月の新製品登場が期待されているところ。

株価も時価総額も落ち着いた感のある成熟期を迎えている。

新たな展開や業態展開、新規事業に期待したいところだが、この2013年でAppleという市場を日本の市場で比較してみた。

1ドル=100円と換算しやすい今だからこそ、Appleの数値をすべて円で表示すると規模が具体的に見えてくる。

1.左下は2013年の四半期利益 25%の高利益率 1兆円 106億ドル

2.左上は2013年の四半期売上 4.2兆円 425億ドル

3.右下は2013年の年間利益(予測)3.4兆円 341億ドル

4.右上は2013年の年間売上(予測)17兆円 170.9億ドル

※ 2013年第4四半期(7-9月)はAppleの発表した予測値を使用

Appleは2013年度第4四半期の業績について、以下の予想を提供しています。
 ・売上高として340億ドルから370億ドル
・売上総利益率として36%から37%
・営業費用として39億ドルから39億5,000万ドル
・その他の収入/(費用)として2億ドル
・税率26.5%

 

 

 

2011年からの推移

 

製品売上台数 2013第三四半期

 

 




 

アップルの2013年 財務発表資料

第1四半期

http://www.apple.com/jp/pr/library/2013/01/23Apple-Reports-Record-Results.html

(米国報道発表資料抄訳―2013124日)

Apple、過去最高の業績を発表

4,780万台のiPhone2,290万台のiPadを販売

2013年1月23日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、2012年12月29日を末日とする13週にわたる2013年度第1四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は過去最高の545億ドル、純利益も過去最高の131億ドル、希薄化後の1株当り利益は13.81ドルとなりました。14週にわたった前年同期は、売上高が463億ドル、純利益が131億ドル、希薄化後の1株当たり利益が13.87ドルでした。売上総利益率は、前年同期の44.7%に対し38.6%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は61%でした。

平均週間売上高は前年同期の33億ドルに対し、42億ドルとなりました。

 当四半期、当社は過去最高の4,780万台のiPhoneを販売しました。対する前年同期の販売台数は3,700万台でした。Appleは当四半期、過去最高の2,290万台のiPadを販売しました。対する前年同期の販売台数は1,540万台でした。当四半期、当社は410万台のMacを販売しました。対する前年同期の販売台数は520万台でした。Appleは当四半期、1,270万台のiPodを販売しました。対する前年同期の販売台数は1,540万台でした。

Appleの取締役会は、当社普通株式一株当り2.65ドルの現金による配当金を決定しました。配当金は2013年2月11日の取引時間終了時点の株主を対象に2013年2月14日に支払われます。

「540億ドル超という過去最高の売上高と1四半期で7,500万台以上のiOSデバイスの販売台数に身震いしています。今後発表される製品に絶大な自信を持っておりますとともに、今後ともイノベーションと世界最高の製品作りに邁進してまいります」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。

「当四半期中に230億ドルを超える営業キャッシュフローを生み出したことをとても嬉しく思います。iPhone、iPadともに過去最高の販売台数を記録し、大幅に当社のエコシステムを拡張したことにより、Apple史上最高の四半期売上高を生み出しました」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ピーター・オッペンハイマーは述べています。

Appleは2013年度第2四半期の業績について、以下の予想を提供しています。

・売上高として410億ドルから430億ドル

・売上総利益率として37.5%から38.5%

・営業費用として38億ドルから39億ドル

・その他の収入/(費用) として3億5,000万ドル

・税率26%

 

 

 

第2四半期

http://www.apple.com/jp/pr/library/2013/04/23Apple-Reports-Second-Quarter-Results.html

米国報道発表資料抄訳―2013年4月24日)

Apple、第2四半期の業績を発表

iPhoneの販売台数3,740万台とiPadの販売台数1,950万台
2013年4月23日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、2013年3月30日を末日とする2013年度第2四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は436億ドル、純利益は95億ドル、希薄化後の1株当り利益は10.09ドルとなりました。前年同期は、売上高が392億ドル、純利益が116億ドル、希薄化後の1株当たり利益が12.30ドルでした。売上総利益率は、前年同期の47.4%に対し37.5%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は66%でした。
 
当四半期、当社は過去最高の3,740万台のiPhoneを販売しました。これに対し、前年同期の販売台数は3,510万台でした。Appleは当四半期、1,950万台のiPadを販売しました。これに対し、前年同期の販売台数は1,180万台でした。当四半期、当社は400万台弱のMacを販売しました。対する前年同期の販売台数は400万台でした。
 
「iPhoneとiPadの好調な販売により、過去最高の1〜3月期売上高を報告できますことを嬉しく思います。各チームは素晴らしい新ハードウェア、ソフトウェア、サービスの開発に全力をあげており、今後発表される製品に我々全員がわくわくしています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。

 
「当四半期中の営業キャッシュフローは125億ドル、期末キャッシュ残高は1,450億ドルとなるなど、当社のキャッシュを生み出す力は引き続き非常に強固です」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ピーター・オッペンハイマーは述べています。
 
Appleは2013年度第3四半期の業績について、以下の予想を提供しています。


 
・売上高として335億ドルから355億ドル

・売上総利益率として36%から37%

・営業費用として38億5,000万ドルから39億5,000万ドル

・その他の収入/(費用)として3億ドル

・税率26%


 

第3四半期

http://www.apple.com/jp/pr/library/2013/07/23Apple-Reports-Third-Quarter-Results.html
(米国報道発表資料抄訳―2013年7月24日)

Apple、第3四半期の業績を発表

iPhoneの販売台数が3,100万台と、4~6月期として過去最高を記録

2013年7月23日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、2013年6月29日を末日とする、2013年度第3四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は353億ドル、純利益は69億ドル、希薄化後の1株当り利益は7.47ドルとなりました。前年同期は、売上高が350億ドル、純利益が88億ドル、希薄化後の1株当り利益が9.32ドルでした。売上総利益率は、前年同期の42.8%に対し、36.9%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は57%でした。

当社は当四半期、4~6月期としては過去最高の3,120万台のiPhoneを販売しました。対する前年同期の販売台数は2,600万台でした。Appleはまた、当四半期中に1,460万台のiPadを販売しました。対する前年同期は1,700万台でした。当社は当四半期、380万台のMacを販売しました。対する前年同期は400万台でした。

 Appleの取締役会は、普通株式1株当り3.05ドルの現金による配当金を発表しました。配当金は、2013年8月12日の営業時間終了時点で株主名簿に記録されている株主を対象に、8月15日に支払われます。

「4~6月期はiPhoneの販売台数が3,100万台を超え、過去最高となったほか、iTunes、ソフトウェアそしてサービスからの売上高も大きく増え、特に嬉しく思います。近くリリースする予定のiOS 7とOS X Mavericksについては本当にわくわくしています。また、この秋から2014年にかけて発表する素晴らしい新製品に焦点を定め、全力で仕事に当たっています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。

「当四半期中に78億ドルの営業キャッシュフローを生み出し、配当金および自社株買いにより188億ドルを株主に現金で還元したことを嬉しく思います」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ピーター・オッペンハイマーは述べています。

Appleは2013年度第4四半期の業績について、以下の予想を提供しています。

・売上高として340億ドルから370億ドル

・売上総利益率として36%から37%

・営業費用として39億ドルから39億5,000万ドル

・その他の収入/(費用)として2億ドル

・税率26.5%

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク



 

 

Category: typepad
  • 0
  • 208
Toshiaki Kanda