TikTokをアジアで大流行させたUIデザイン戦略とは?

【UI】『メルカリ』にも言えることだが、やはりUIデザイが、スマートフォンに、最適化されていないとスケールしないということ。録画ボタンの一つとっても使い勝手が違う。

 

録画ボタンでもスマートフォン自撮りならではの機能を…

 

□長押しシャッターボタンが用意されている。これは触れている時に撮影が行われ、指を離すと撮影が終わるというものだ。しかも、触れている間に指の位置が動いても、ボタンの方が追従して移動するため、撮影が中断されない。これはデザイナーが相当Tik Tokでの撮影をやりこんでいないと発想できないUIだ。

Tik Tokをアジアで大流行させた3つの戦略(上) – 中華IT最新事情

 

流行を交換する。グローカルなプロモーション

日本では若い女性の「元気」「可愛い」といったテイストのビデオが人気だが、

中国では意外に多いのが家族でのビデオ。お年寄りから子どもまで一緒に撮って、腕だけのダンスをするというビデオが割と多い。恋人が二人で腕だけを使った手振りのダンスというパターンも多い。また、

タイではやや大人目の女性と男性が、バラードっぽい音楽でゆっくりと踊るというビデオに人気があるようだ。

Duraダンスと呼ばれるテイストのビデオは、中国で最初に火がついて、それから日本やタイでプロモーションをしたところ、人気となった。それだけでなく、中国で背景音楽に「ショートカットの女の子」「愛しているのは君」という2曲に人気が出たのを、インドネシアチームが目をつけ、インドネシアでプロモーションをしたところ、この2曲は中国語の曲であるのに、インドネシアで人気の曲となったという。

つまり、ローカルで起きた流行を、他国に移転することで、次の流行を生み出しているのだ。

 

□字節跳動の張一鳴CEOは、Tik Tokの成功についてこう語っている。「デジタル化の潮流の中で、中国企業にもうコピーは必要なく、自らイノベーションを起こすことが必要になっている。今では、字節跳動をはじめとする中国企業は、米国の優秀な企業と同じようにBorn to be Globalになっているのです」。

Tik Tokをアジアで大流行させた3つの戦略(下) – 中華IT最新事情

 

 

 

tamakino.hatenablog.com

tamakino.hatenablog.com


คนไทย vs คนญี่ปุ่น เล่นแอพ Tik Tok Thailand VS Japan

 

この記事に関連する記事