かわいい子供は、絶対にオリンピック選手にするな!

 

最盛期
オリンピックチャンピオンの平均年齢は、夏季大会は23歳、冬季大会は24歳ですが、平均年齢は種目ごとに大きく異なっています。例えば、馬術ではオリンピックメダリストの平均年齢は35歳9ヵ月(男子)と33歳11ヵ月(女子)ですが、体操では女子のメダリストの平均年齢は20歳です。

エリート集団
オリンピアンになるということは、これまでオリンピック競技大会に出場した約13万7,000人のエリート集団に入るということでもあります。このうち約10万人が一大会のみオリンピックに出場した選手です。

オリンピック選手に関する8つの知られざる事実 : Athlete365

 

 

Athlete365

これって、オリンピック選手の問題を露呈している。

 

13万人のオリンピアンのうち77%は、1度しか出場できない。


しかも、23〜24歳が最盛期。体操女子は20歳


その後の人生は、まったく何も保障されていない。

シルク・ド・ソレイユで一生、キダムをやって生きていくのか?

何が大変なのかというと、生涯賃金の最盛期をたったの4年で稼がなければならない。オリンピックの競技そのものはアマチュアスポーツなので設けられない。オリンピアンのうち77%は、1度しか出場できない

からその後のスポンサードや、企業CMを考えると大変だ。

選ばれたオリンピアンのはずなのに…。生涯賃金1億円以下が大半…。

 

オリンピアンの引退理由…?

□オリンピアンの引退理由で最も割合の高い回答は「仕事を優先するため(46.0%)

□競技を継続するために1年間にかかる経費の自己負担額を、
夏季大会出場の男性が206.2万円女性が250.7万円で、
冬季大会出場の男性が245.4万円女性が460.9万円であった

 

□引退したオリンピアンの約6割が競技団体の役職員や強化スタッフ

オリンピアンのキャリアに関する実態調査 | 研究レポート | 笹川スポーツ財団

 

つまり、

1.引退理由の半分は仕事にならないから…(本業の仕事を優先)。

2.競技の自己負担額が、年間200〜460万円 

3.引退オリンピアンの6割が競技の役員やスタッフという、一生食べていくことができないスポーツへの指導的立場で育成に回る…。

 

これって、かわいい子供は、絶対にオリンピック選手にするな! つい言いたくなってしまう。

 

4年に一度の、競技にかける天才的なアスリートのオリンピアンたちが、一生安泰でスター選手としてリスペクトされる社会にならないと、いくら才能があると言われても、オリンピック選手にだけは、なってほしいと願わなくなる。

マイナー競技スポーツでも競技で食べていける仕組みと一体にならないと、4年の最盛期にレコードだけ叩きださせて、あとは放置というオリンピックスタイルでは、選手育成に問題がある。

むしろ、オリンピック出場選手に、本業を義務づけさせるとか、何らかの制限を設けるぐらいのことが必要だ。

 

 

里谷多英 – Wikipedia

 

池谷幸雄 – Wikipedia

オリンピックで5つの金メダルをとったイアン・ソープ選手

オーストラリアでの史上最年少記録となる15歳からオリンピアンで活躍。
うつ病をわずらう

イアン・ソープ – Wikipedia

ゲイを告白したイアン ソープが豪邸を売却。転落し病気に苦しだ過去と今。 – 気になる最新ニュース速報

 

子役の役者の世界と同様、小さなころから仕事にうち込み、子役のニーズが終わってしまうと仕事が失くなる。子どの頃からオトナの世界のみで子供らしい生活をしていないから通常の世界では、オトナになってから問題を起こしてしまう…。 えなりかずき さんのような人気モノのまますくすくと成長していった例は非常に少ない…。

えなりかずき – Wikipedia

 

 

この記事に関連する記事