映画館に全く行かない人が5割で、レンタルビデオ全く借りない人6割。しかしネット契約は2割!

映画館に全く行かない人が5割で、レンタルビデオ全く借りない人6割。
しかし!ネットサブスクリプションは2割という日本の映画市場

 

ネットによる動画サブスクリプションは、値上げをしたNETFLIXでも月額800円だ。

映画館が1800円とすると1回映画館にいくと2.3ヶ月分の散財。

レンタルDVDも安いとはいえ、自分が選び、必ず期間内に見て返却しないと追加料金がバカにならない。

返却の手間がないだけ、動画サブスクリプションのほうが気軽だ。

むしろ、その動画サブスクリプションを見ている間に、影響を受けるのが、テレビの地上波だ。

 

ネット契約が、2割(15.7%)であるが、これが、キャズムを超え出すと、テレビの広告がヤバくなることは確実だ。

 

 

 

 

時事通信

時事通信の8月の世論調査で、映画の鑑賞頻度やDVDレンタル店の利用状況を聞いたところ、「インターネットの動画配信サービスを契約している」との回答が15.7%に上る一方で、「映画を見るためにレンタル店を全く利用していない」とする回答が60%を占めた。(18歳以上の男女1991人有効回収率は61.8%)

調査では、サービスを「契約している」は15.7%、「していない」は82.4%だった。

契約しているを年齢別に見ると、

「18~29歳」21.6%、

「30歳代」25.1%、

「40歳代」23.1%と若い世代が高く、

「50歳代」14.8%、

「60歳代」13.0%、

「70歳以上」4.2%

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

この記事に関連する記事