年収120万円から『#ふるさと納税』使わなければ、あなたの税金が無駄になるだけ!今ならまだ間にあう!

『ふるさと納税』という言葉は知っていても、それってたくさん税金払っている人だけのハナシのように聞こえるけれども…実はそうではない!

 

年収120万円であれば、2000円の負担額でも損益分岐点になる。

約3,000円分(3,294円)の『ふるさと納税』で面倒な納税額の算出方法もたったの3ステップだった。

 

f:id:knnkanda:20181128152012p:plain

a.r10.to

3ステップでふるさと納税(ふるさと寄付金)の上限がわかる。この金額内であれば税金分から還元されることとなる。

 

『確定申告』をしたことがない人には、確定申告を一度でも経験と勉強をするために、『ふるさと納税』はわかりやすい事例だ。

ふるさと納税

https://ja.wikipedia.org/wiki/ふるさと納税

 

ふるさと納税をすると、ユニークな商品が『返礼品』としてプレゼントされるしくみだ。 

しかも、『ふるさと』は日本全国どこでもかまわないという、いわば、地方への税金を、直接国民からバラまくという政策でもある。返礼品は、かなり雑だが…。

 

確定申告期間(2月中旬から約一ヶ月)の19番 寄付金控除 に『ふるさと納税額』を記載する!

f:id:knnkanda:20181128154759g:plain

 

f:id:knnkanda:20181128160546p:plain

 確定申告の期間は… 毎年2月中旬から一ヶ月間
2019年(平成31年)の確定申告期間は、2019年2月18日(月)〜3月15日(金)です。
この期間内に、2018年1年間分(2018年1月1日〜12月31日)の会計結果を税務署へ報告(確定申告)します。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki2017/a/03/order3/3-3_19.htm

 

 

確定申告不要のワンスストップ申請期日は1月10日まで「ふるさと納税ワンストップ特例制度」

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の申請期日は、ふるさと納税を行った年の翌年の1月10日まで
※2018年分の申請用紙の郵送は2019年1月10日必着です

つまり、毎年、年末くらいまでに『ふるさと納税』をおこなっておく必要がある。

ふるさと納税ワンストップ特例制度 書類

https://www.furusato-tax.jp/img/etc/onestop/onestop_myNumber_form.pdf

ワンストップ特例制度…というけれども、かなり複雑!
早めに、確定申告に行ったほうが、手取り足取り、いろいろと教えてくれるし、税務署と仲良くしたほうがよいかと思う…。

f:id:knnkanda:20181128155706p:plain

 

f:id:knnkanda:20181128152916j:plain

https://furusatoplus.com/info/005/

 

返礼品選びサイト

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | お礼の品掲載数No.1

 

amazonギフト券まで返礼品!

internet.watch.impress.co.jp

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1154993.html

 

 

4knn.tv

この記事に関連する記事