ファーウェイ(華為技術) 副会長 CFO 孟晩舟(もうばんしゅう モンワンジョウ メンワンツォウ)まとめ

今や時の人である 孟晩舟 もうばんしゅう モンワンジョウ メンワンツォウ さんの記事まとめ

 

中国の通信大手ファーウェイ(華為技術)の最高財務責任者(CFO)がイランへの制裁に違反したとして、米国の要請によりカナダで逮捕された。

 

2018年12月6日土曜日 (日本時間)

□米中関係悪化懸念が沸騰し世界各国で株価が急落。その様子は「ファーウェイ・ショック」と形容された。

□2017年の(日本からの部品)調達額は約43億ドル(約5000億円)だったが、2018年は60億ドル(約6800億円)となる見込みだ。

□ファーウェイは従業員18万人を擁し、世界170カ国で事業を展開する中国最大の民間企業だ。

2017年の売上高は日本円にして10兆円を突破し、2013年の3倍近くまで増えた。

□ファーウェイの調達先は2013年時点で米国が32%、欧州・台湾・日本・韓国を合わせて3分の1、そして中国は3分の1だったが、現在はさらに分散が進み、日本からの調達も拡大している。

□2018年は世界のスマホ市場が失速、業界トップのサムスンとiPhoneの苦戦が伝えられる中、ファーウェイは出荷台数を33%伸ばした(7-9月)。さらに同社は12月17日、今年の販売台数が25日にも2億台を突破すると発表

www.businessinsider.jp

 

 

 

孟晩舟(メン・ワンツォウ)

カナダ司法省は(2018年12月)5日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟(メン・ワンツォウ)・最高財務責任者(CFO)をバンクーバーで逮捕したと明らかにした。米国に身柄が引き渡される可能性がある。

孟氏の逮捕を受け、米中が関税だけでなくハイテク分野の覇権争いでも大きく対立する可能性があるとの見方が強まった。

jp.reuters.com

 

 

 

 

 

提供:Huawei
提供:Huawei

カナダの司法省が現地時間12月5日、The Globe and Mailに述べたところによると、創業者の任正非氏の娘でもある孟晩舟氏は現地時間12月1日にバンクーバーで逮捕された。今後、米国に引き渡される可能性もあるという。7日に保釈聴聞会が開かれる予定だ、と司法省の広報担当者は同紙に語った

 

 

 

 

japan.cnet.com

 

 

 

2018年12月13日、カナダの裁判所から保釈が認められた中国・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モン・ワンジョウ)副会長兼最高財務責任者(CFO)

 

釈放後、記者にピザをふるまっただけでもニュースに…。

孟氏はバンクーバーの自宅でピザ6枚を注文し、うち4枚を自身の最新の動きをキャッチしようと待ち受ける記者らに振る舞おうとしたそうだ。結局、記者らはそのピザを近くの建設現場で働く作業員らへの差し入れとしたが、ネット上には「記者のためにピザを注文できるなんて。素晴らしい人柄」「こうした状況の中で中国人の気質を示してくれた。孟氏に『いいね』を贈る」など多くの称賛コメントが寄せられたという。

news.nifty.com

 

 

この記事に関連する記事