岡山のパン屋さん『 #おかやま工房』の儲かりビジネス 純利益は50%+ライセンスビジネス

ビジネスは掛け算で考えるのが王道だ。

パン屋で儲かる…。×

そのノウハウを売る…。×

その経営に什器や材料で定期的に売れる…。

 

5日間の研修で続々と、営業先が増える。

フランチャイズ契約ではない、新たな継続的な卸ろし先が増える仕組み。

 

フランチャイズは、ブランドというのれん資産を借りること。

しかし、『 #おかやま工房』は、のれん資産ではなく、継続的なビジネスパートナーで相互が繁栄できるしくみで店舗数を増やしている。

 

儲かるパン屋のビジネスモデル… 儲かるラーメン屋でも、儲かるカレー屋でも応用が可能だ。

 

売上高よりもなによりも、利益率が大事だ。

 

売上 純利益(当期利益)の考え方

f:id:knnkanda:20190108110123p:plain

 

MQ会計

f:id:knnkanda:20190108110255p:plain

f:id:knnkanda:20190108110638p:plain

 

4knn.tv

https://4knn.tv/mq/

 

 岡山で超人気のパン屋さんがパンだけじゃなく、あるものまで売ってしまい年商なんと7億円! 一体何を売ったのか?

2019年1月6日

放送内容|TBSテレビ『坂上&指原のつぶれない店』

www.tbs.co.jp

https://www.tbs.co.jp/tsuburenai-mise/onair/onair_contents_20190106_1.html

 

 

年商7億円の岡山のパン屋さん

 

パン屋での純利益はわずか…5%

 

 

しかり、スクール事業の利益率は50%

 

売上比率よりも、利益率のちがいが、利益の大半を占める。

 

 

4.5億円よりも、2.5億円のほうが利益でまさる

 

 

素人が5日間で開業できるノウハウを販売するスクール事業を展開していた。

 

5日間の講習だと、10万円しか儲からないが…

 

 

 

ここが儲かりのポイント!

 

実際の店舗出店には、 市場価格の半額で出店できるサポートをおこなっていた。

さらに、北海道で製造している小麦粉などをおろすことによって継続的な営業パートナーとなる。

 

 

 

 

現在、『#おかやま工房』の名前ではない、独自の美味しい、素人のパン屋さんが、200店舗以上、日夜営業している。

 

そして、それらに卸しているおかやま工房も儲かり続ける。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事