はてなブログに『タイムスタンプ』を表示する方法 JavaScript

f:id:knnkanda:20190203070203p:plain

 

ブログを更新していたり、自分のブログをチェックしている時に、ふと、今、何時かまたは、今の時間をコピペして、ログを取りたいと思うことが多々ある。

時計アプリや電卓アプリってコピペできないのがほとんどだ。

億兆電卓』は計算結果がコピペできる電卓だ! ←自画自賛モード

https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20190107-00110269/

 

ブログを見た時間のタイムスタンプを眺めることによって、今の時間を認識することができる。集中している時に、いちいち、時計に目を向けたりしたくないからだ。

ほんの少しでも、ディスプレイ上で視点を移動したくない…。

 

しかもブログを見始めた時間をコピーしておけば、ネットに向かってからどれくらいの時間が経過したのかも把握できる。Googleカレンダーに予定だけでなく、すぎさった時間も記録しておくと、あとで検索ができるからだ。

 

その時にタイムスタンプはとても役立つ。

いつもブログにタイムスタンプがあれば便利かと思ってJavaScriptで表示できるようにしてみた。

しかしだ、はてなブログはhttps化でうまくJavaScriptが機能してくれないようだ。

そこで、タイムスタンプは、設定の詳細設定側にいれてみた。

 

タイムスタンプの設定方法

ダッシュボードの設定>詳細設定を表示する>headに要素を追加

 

f:id:knnkanda:20190203071320p:plain

 

headに要素を追加の欄の一番下に下記のJavaScriptをコピペ

※半角<>に戻してくださいね

<script>
var date = new Date();
document.write(date.toLocaleString());
</script>

 

たった2行のJavaScriptでタイムスタンプをはてなブログの全ページに表示できる。

スマホなどでは、少し下にずらすと左上に、開いた時間のタイムスタンプが表示されているはずだ。

便利かどうかは人によって意見がわかれるところだが、表示した時間がローカルでわかるのはとても助かる。

現在、ポルトガル時間で仕事をしているが、スマホは常にポルトガル時間、PCは常に日本時間で、常に時差をタイムスタンプで感じられるのは便利だと思う。

 

 

 

この記事に関連する記事