砂漠だったとは思えないドバイ

Toshiaki Kanda 2019年02月18日 月曜日
0 people like this post

f:id:knnkanda:20190218120554j:image

ドバイの夜景

 

とても、砂漠だった街とは思えない。

何よりも世界で一番にこだわり集めた観光都市だ。

 

しかし、お酒が自由でなかったり、金曜日がお休みだったり、国際都市を目指していながら、アラブのこだわりはある。

 

サービス業に従事している人も勤勉だ。アジアのように鼻歌を、歌いながらサービスしている人は見かけない。

 

ブランドショップが立ち並ぶが、男性は、白装束、女性は黒装束で、全て外国人のためのショップだ。

 

街中には、これほどいるのか?というほどのスーパーカーショップ。中古のスーパーカーも多い。

 

まずはドバイでスーパーカーを、乗り回すというのがドバイでの正しい成金さんのパターンだ。

 

マルチセールス系のパーティが、クルーザーを貸し切って展開するが、それも決して珍しいことではない。

しかし、招待された人のモチベーションはきっとあがるのだろう。

 

日本人も本当に多くなった。

ワケあり年の差カップルも多く、ドバイモールで買い物しまくる。

 

かつてのパリにブランドを買い漁りに来た、昭和時代の消費行動が、姿を変えて存在している。

お金さえ出せば、なんでも手に入るという、かつての価値観で大きく包まれている。

 

f:id:knnkanda:20190218121936j:image

Category: 海外
  • 0
  • 17
Toshiaki Kanda

KNN