AppleのAR/VRメガネはサングラスにどこまで似せられるかが鍵になると思う

f:id:knnkanda:20190219090046j:image

AppleのAR/VRグラスだけど、サングラスサイズだとすると、ここまでが限界だと思う。

 

これでもかなり、勇気のある人しかつけられないだろう…。遠近の老眼メガネなら、かける言い訳になるけど。

 

AirPods は、ケーブルがなくなっただけ、AppleWatchは時計サイズ。

 

頭や顔に装着するデバイスは、ギークにいかに見せないかが、ポイントになることだろう。

普通のサングラスか、スキー用のゴーグル、花粉対策グッズに見える工夫が必要だ。

 

Appleのジョナサンアイブマークニューソンが、いる限り、ギークに見えないデザインで出してくると思う。

 

初期モデルは、いつも意外すぎるほど保守的であることが多いのは、このギークに見えない『ギークの壁』を超えることである。

 

 

f:id:knnkanda:20190219090101j:image

首に大容量バッテリー、AR/VRグラス、頭に帽子型位置センサーでエミレーツ航空のビジネスクラスにいるかのような筆者(笑)

 

 

 

この記事に関連する記事