【フェルミ推定入門】もしも #ポールマッカートニー が年収400万円だったら…。

【フェルミ推定入門】
もしも #ポールマッカートニー が年収400万円だったら…。
 
資産800億円と言われるポール・マッカートニー。
 
 
サラリーマン的に資産を10年間の年収としてみるとポールの年収が80億円となる。
 
それを実際のサラリーマンの給与っぽく、2000分の1に換算して年収400万円とする。
 
すると、誰もがポール・マッカートニーの貨幣感覚になれるだろう。
 
彼にとっては、年収400万円換算で、1500万円のサウンドチェック席(有料リハーサル)による収入は、7500円くらいだ。半額がポールに入るとすると10曲歌って3500円だ。
 
本番のライブが1回あたり、売上約6億円(1.5万円×4万人)なので2000分の1で売上30万円。
 
売上30万円の仕事を目前にして、7,500円の仕事をする必要はない(笑)。諸経費を差っ引いて、半額が入るとして、15万円の実収入。一曲あたり4,000円だ(実際は1曲あたり800万円だ!)
 
今回のツアーのボックスオフィス売上では、6,500万ドル(日本公演含まず)だ。便宜上100円換算して約65億円としよう。
 
日本公演は6公演4万人とすると36億円。合計で101億円。これの50%が自分の収入としても約50億円だ。
 
年収400万円の規模のポール・マッカートニーで考えると、今年の5月からツアーをおこなって、やっと250万円だ。
 
何もしないでも、年収400万円の人が250万円の収入のために、これだけのことを行っている。資産でいうと、4,000万円もあるのに(本当は2000倍の800億円だが)
 
金のために生きている人ではない。音楽のために生きている人なんだ。ポール・マッカートニーは。
 
しかし、風邪はもちろん、病気にもなれない。毎日いろんなところで、歓迎され、騒がれる人生も半世紀を超えた。
 

この記事に関連する記事