SECOMしていなかった長嶋茂雄元監督 2002年

Toshiaki Kanda 2019年11月26日 火曜日
0 people like this post


長嶋茂雄さんCM「瞳」編【長嶋茂雄】|セコム

長嶋茂雄(84歳)さんのキャラクターをうかがえるエピソード

 

しかし、企業がメインキャラクターとして契約しているタレントとしては、このSECOMしてますか?

の長島さん宅に押し入られてというのは問題が残る。

むしろ、SECOMやALSOKのシールのある家庭は、セキュリティにお金をかけるだけの価値があることが顕示されている。

もちろん、通報されるけれども、駆けつけられるまでの時間のバッファーはある。

空き巣であればあるほど、通報リスクと侵入するメリットの相関関係にある。
当然、保険もかけられているので事故率との問題となもなることだろう。

 

【2002年8月7日】
長嶋邸に刃物男!きちんと「セコムしてますか?」

 

□東京・田園調布の高級住宅街。男が包丁を持って押し入ったのは“ミスター・ジャイアンツ”こと長嶋茂雄氏(66)の自宅だった。男は公道に面した車庫を通り抜け、庭側の勝手口から侵入。お手伝いの女性(67)と鉢合わせになるや刃渡り17センチの包丁を突き付け「(ミスターの長女)三奈と写真を撮らせろ!いないのか!」などと脅した。

 「来る者は拒まずですから、よくファンの方が自宅に来る。短パン姿では失礼なのでYシャツと長ズボンに着替えて1階に降りたら(男は)もういませんでした」(長嶋氏)。

自らがCMで「セコムしてますか?」と宣伝していただけに、報道陣から「セコムしてたんですよね?」と突っ込まれると、しばしの沈黙。自宅は最新の防犯システムを備えていたが、当日はスイッチを切っていて、セキュリティーが作動しなかったとのこと。これにはミスターも「脇が甘かった」と反省するしかなかった。
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/08/07/kiji/K20090807Z00002650.html

 

この記事に関連する記事

Category: news
  • 0
  • 48
Toshiaki Kanda

KNN