//

2月28-29日「第2回地域SNS全国フォーラム in 横浜」 | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv2月28-29日「第2回地域SNS全国フォーラム in 横浜」 | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv
333 Views

2月28-29日「第2回地域SNS全国フォーラム in 横浜」

2月28-29日「第2回地域SNS全国フォーラム in 横浜」〜持続可能なコミュニティ基盤へ〜


2月28日(木) 10:00〜17:00

パシフィコ横浜会議センター5階小ホール

2月29日(金) 10:00〜18:00
横浜市開港記念会館

なか区民活動センター



 

   

   

 

 

   

   

 

 

   

   

 

 

   

   

 

 

   

   

 

 

   

   

 

 

   

   

 

 

   

   

主催: 第2回地域SNS全国フォーラム in 横浜実行委員会
共催: 横浜市、イベント創造プラットホーム運営委員会
後援: (財)横浜開港150周年協会、(財)横浜観光コンベンション・ビューロー、FMヨコハマ、タウンニュース社、国際大学GLOCOM、横浜市市民活動支援センター
協力: キリンビール横浜統括支社、日産自動車(株)カーウイングス、なか区民活動センター 
協賛: 神奈川新聞社、パシフィコ横浜
料金: 参加費 各日1,000円
参加人数: 28日約400名 29日:約1,000名
備考: 両日ともフォーラム終了後、別会場にて交流会を開催予定。
会費3,000円

API公開時代の地域SNS
 〜Google・OpenSocialのインパクト

米国生まれの黒船サービス「SNS」が日本に上陸して4年。大手SNSは、かつてほどの勢いがありません。米国では「囲い込み」モデルによるSNSの運営
は既に廃れつつあります。FacebookやGoogleなどを中心に、仕様をオープンにし、APIを公開するという方向が既定路線となっています。各地
に分散する国内の地域SNSにとって、オープン化・標準化の流れは、相互の結びつきを深めるという点で朗報といえるでしょう。API公開時代に地域SNS
はどのような針路をとるのでしょう?今後のあり方について、議論を深めます。

コーディネーター:
 国際大学GLOCOM 研究員
 庄司 昌彦 氏

パネリスト:
 (株)Beat Communication 代表取締役
 村井 亮 氏

 アルカーナ(株) 代表取締役
 原田 和英 氏

 (有)カンダニュースネットワーク 代表取締役
 神田 敏晶 氏

 作家、フリーライター
 高橋 暁子 氏