2,177 Views

24時間で400万台予約、3日で1,000万台販売、総利益率4割、純利益2割とラーメン屋以上に儲かる会社 時価総額は60兆円

スポンサーリンク

24時間で400万台予約、3日で1,000万台販売、総利益率4割、純利益2割とラーメン屋以上に儲かる会社


http://finance.yahoo.com/echarts?s=AAPL+Interactive#symbol=AAPL;range=1d
MARKET CAP 時価総額(発行株式数×株価)はなんと596ビリオンダラー(596十億ドル)つまりほとんど60兆円だ!

それが、2014年 第一四半期がはじまったばかりのAppleだ。

四半期ごとに、3500万台として、年間で1億4,000万台のiPhoneが売れる。
今年は中国でも販売だから、2億台近いのかもしれない。

1台を8万円としても、利益率4割。一台あたり3万2,000円儲かり!純利益が1万6,000円だ。

2億台だと、売上 160兆円 利益が64兆円 純利益 32兆円だ…。

しかも、他に 45%も商材がある。

このポートフォリオを見る限り、アップルは完全に、電話器、製造メーカーなんだけど、今後は9%としかないプラットフォーマーでどれだけ稼げるかにかかっているだろう。

世界的に見ると、電話のシェアは圧倒的にAndroid陣営に奪われてしまった。


今まで、シェアをAndroidに奪われていたのは、マイクロソフトやノキアの負け組だった。

しかし、アップルもその後、格安スマホなどの登場で大衆のパイは奪われていくことだろう。

2014年アップル売上シェア予測

http://www.statista.com/chart/1994/apples-gross-profit-by-product/

iWatchというシェアを2015年は創るけれども、3年くらいしかリーディングすることはできない。

その間にどれだけ、プラットフォーマーとしてのバリューがあげられるかがアップルの課題だ。

Appleの第3会計四半期におけるiPhone販売台数は3520万台で、iPhoneは引き続き同社最大の収益源となった。Fortuneの集計によると、Appleの同四半期におけるiPhone販売台数に対するアナリストらの平均予測は3590万台だったという。前年同期におけるiPhone販売台数は3120万台だった。
http://japan.cnet.com/news/business/35051203/

Apple (日本) – Apple Press Info – iPhoneの販売台数が最初の週末で1,000万台を突破、新記録を樹立

iPhoneの販売台数が最初の週末で1,000万台を突破、新記録を樹立

2014年9月22日、Apple®は本日、新発売のiPhone® 6およびiPhone 6 Plusモデルの販売台数が、9月19日の発売からわずか3日で1,000万台を超え、新記録を樹立したことを発表しました。iPhone 6およびiPhone 6 Plusは、日本、米国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、香港、プエルトリコ、シンガポール、英国で発売中で、9月26日にはさらに20カ国以上で発売が開始される予定です。新しいiPhoneの2つのモデルは、年末までに115カ国で販売される予定です。

「発売後最初の週末に、iPhone 6とiPhone 6 Plusの販売台数が予想していた数字をはるかに上回り、これほど嬉しいことはありません。これまでの店頭販売台数記録を大きく塗り替え、過去最高の新製品発売となりましたことをすべてのお客様に感謝したいと思います。私たちのチームは量産化への対応はこれまでになく早く行うことができましたが、供給数がもっと多ければさらに多くのiPhoneを販売できたはずです。できるだけ早く注文に応えるべく全力を上げています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。

iPhone 6とiPhone 6 PlusはiPhone史上最大の進歩を遂げた2つのモデルで、美しい4.7インチと5.5インチのRetina® HDディスプレイを搭載し、まったく新しくなった劇的に薄い継ぎ目のないデザインに革新的なテクノロジーを詰め込みながら、これまでと同様の持ちやすさと使いやすさを実現しています。あらゆる面でさらに進化した両モデルは、Appleが設計したA8チップを搭載して第二世代の64ビットデスクトップクラスアーキテクチャによる超高速パフォーマンスと電力効率を実現し、先進のiSight®カメラとFaceTime® HDカメラ、超高速ワイヤレステクノロジー、指で触れるだけで安全に支払いをするためのより簡単な方法であるApple Pay™を備えています*。

引用元: Apple (日本) – Apple Press Info – iPhoneの販売台数が最初の週末で1,000万台を突破、新記録を樹立.

2014年度第3四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は374億ドル、純利益は77億ドル、希薄化後の1株当たり利益は1.28ドルとなりました。前年同期は、売上高が353億ドル、純利益が69億ドル、希薄化後の1株当たり利益が1.07ドルでした。売上総利益率は、前年同期の36.9%に対し、39.4%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は59%でした。
https://www.apple.com/jp/pr/library/2014/07/22Apple-Reports-Third-Quarter-Results.html

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク