なぜ?セクシー女優は短命なのか?【訃報】紅音ほたるさん(32歳)ぜんそくの急性発作

元セクシー女優の紅音ほたるさんが、2016年8月15日に亡くなっていたそうだ…。

http://www.j-cast.com/2016/08/29276365.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/紅音ほたる

なぜ?セクシー女優は短命なのか?

「また!?――「また」? そう。ゴメス記者にとっては、まさに「また」なのであった」
週刊SPAのコラムで山田ゴメス氏は…女優の短命さを下記のように分析している。

http://nikkan-spa.jp/1189575

セクシー女優ならではの「孤独さ」がアダとなる?

女友だちの少なからずは、本人が「女優として名を馳せること」によって、確実に離れていく。家族から絶縁されてしまうことだってあり得なくない。そんな状況下で、独り部屋にいて、急な身体の変調を起こした場合、誰がそれに気付いてくれるのだろう……。女優の死因に「自然死」が殊のほか多い点からも、その“悲しい現実”が垣間見られる、のではなかろうか?
http://nikkan-spa.jp/1189575

セクシー女優のその後は、あまり知られていないが、ゴメス氏の語る…「また…」は、街角のスカウトで契約書に騙されて業界に従事させられるだけではなく、売れっ子になったあとにも一生つきまとう「セクシー女優」という社会の偏見にも耐えなくてはならないようだ。ここにも「忘れられる権利」が絶対に必要だ。

性教育啓発で法人立ち上げも 元セクシー女優紅音ほたるさんが伝えたかったこと
http://blogos.com/article/189555/

業界引退後の「性教育プロジェクト」

一般社団法人 つけなあかんプロジェクト

http://ameblo.jp/tsukena-akan/

https://www.facebook.com/TsukenaAkanProject/

http://lineblog.me/akanehotaru/archives/1047352107.html

http://sarunet.com/feature23.html

情報源: 紅音ほたるさん死去していた…ぜんそくの急性発作?32歳で (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

この記事に関連する記事