408 Views

BMWとダイムラー、Apple Car交渉を中止する理由

BMWとダイムラー、Apple Car交渉を中止する理由は、かつてのIBMとマイクロソフトの関係性を感じ取ったのかもしれない。
IBMは、オペレーションシステムを買い取りではなく、出来高制度の手数料形式でMicrosoftと契約をした。その結果、IBMは結果として、OSの配下で動くハードウェアとなり、ビジネスはすべてOSの上でだけで激安の原価の中で最大の付加価値を作った。

Appleが、音楽や地図などの情報システムだけならわかるが、自動運転やEVの管理システムまで提供しようとした場合、IBMにならないように気を付けるのは当然のことだ。

また、同時にAppleが自らクルマの製造を始めたところで、Teslaというメーカーが誕生したことを考えると、全世界に供給するハードウェアを一番安く作れるAppleがクルマを製造した時に一番被害を被るのは彼らだ。

BMWとダイムラー、Apple Car交渉を中止 | TechCrunch Japan

もしAppleが本当に自動車を作っているとしたら、それはUltimate Driving Machine™ではない。BMWとDaimlerは、Appleとの自動車協業に関する交渉を中止した。Handelsblattが報じた。リーダーシップとオーナーシップの行方を巡って、交渉は決裂した(BMWとは昨年、最近Daimlerと)と、ドイツ紙の情報源は伝えた ― そしてわれわれがAppleについて知っていることを踏まえれば、それはいかにもありそうな行き詰まりの原因である。車をメーカーのサービスではなく、Appleのサービスと密に統合するというアイデアは自動車メーカーをいら立たせた。もちろん自動車ブランドは、世界で最も強力に守られ、宣伝されているものの一つである。

情報源: BMWとダイムラー、Apple Car交渉を中止 | TechCrunch Japan

この記事に関連する記事