68 Views

マレーシアに無いもの!地震,台風,原発,花粉,アトピー症,北朝鮮ミサイル,

スポンサーリンク

http://my.foreland-realty.com/?page_id=338

マレーシアでアトピー性疾患が治るのか?
Is atopic disease cured in Malaysia?

マレーシアに無いものとしていろんなものがあります

マレーシアにないもの

❏地震 (※マレー半島 ボルネオ島のぞく) 
❏活断層
❏火山
❏津波
❏台風
❏原子力発電所
❏北朝鮮のミサイル脅威
❏花粉症
❏アトピー症

地震はボルネオ島やお隣のスマトラは大変なんですが、マレー半島は皆無!
赤い点がマレーシアのクアラルンプール

http://www.earthquake-lab.net/blog/304-2/

その中でも、非常に気になるのがアトピー性疾患です。

もしも、マレーシアで暮らすとアトピー症が軽減されるとなると、マレーシアは、莫大なアドバンテージがありそうです。

医療的なエビデンスも必要なのですが、気になる記事をピックアップしメモしておきます。

❏日本の水は世界の基準に照らし合わせても高濃度の塩素を含みます。マレーシアのように熱帯雨林気候の国が、水野消毒のために塩素を使うのはやむ終えませんが、日本の塩素量は異常です。
以前にも触れましたが、日本の条例では「水道出口の塩素濃度が0.1ppm以上であること」と定められており、上限がありません。

❏ドイツを初めとするヨーロッパでは、「水道出口の塩素濃度が0.05ppm以下であること」と定められております。
ドイツでは塩素濃度を低く保とうとしているのに、日本ではより高濃度の塩素量を維持しようとしております。

❏大腸菌O-157の事件以来、日本では微生物を敵視する傾向があります。「人の健康維持」が目的のはずが、「微生物を殺す」が目的にすり替わってしまっているように思います。水に大量の塩素を投入しているにもかかわらず、日本では水道水をそのまま飲んだり、料理に使うというとても恐ろしい習慣があります。この習慣によりどの様な弊害が生じているのでしょうか?

❏私はアトピー性皮膚炎は水が原因と考えております。
アトピー性皮膚炎は免疫が正常に機能せず、自分自身を攻撃してしまうことで発症します。原因として考えられるのは:
1)食べ物
2)空気
3)水
以上の3つが、体内に取り込まれる原因の可能性として推察されます。
疫学的な視点から、アトピーの発生状況を見てみると非常に面白いです。実はアトピーはマレーシアには殆どと言っていい程、存在しません。マレーシアだけでなく、東南アジア周辺諸国にはアトピーは殆どありません。

❏更に、日本でもアトピーが多量に発生し始めたのは、最近になってからで、私の親の世代にはアトピーは殆ど発症しておりません。

❏塩素は体内でタンパク質及び遺伝情報を保存してるDNAに対して障害を与えます。タンパク質の場合そく修復されるため、これと言って問題が表面化しません。しかし核酸が障害を受けた場合、その次世代に障害が生じます。子供が出来た際、DNAの破損情報がそのまま子供へと受け継がれ、
それがアトピー性皮膚炎のような免疫疾患や、その他の様々な先天性の疾病として現れるのではないかと推察します。
事実、親や祖父の世代の人にとってアトピー性皮膚炎は殆ど縁のない病気でした。

http://hojotea.com/jp/posts-480/

Is atopic disease cured in Malaysia?

There are many things that are not in Malaysia

Things not in Malaysia

❏ Earthquake (* Mali Peninsula Borneo Island Except)
❏ Active fault
❏ Volcano
❏ Tsunami
❏ Typhoon
❏ Nuclear Power Plant
❏ North Korea’s missile threat
□ hay fever
❏ atopy syndrome

The earthquake is serious in Borneo and neighboring Sumatra, but there is no Malay Peninsula!
Red dot is Malaysia’s Kuala Lumpur

マレーシアに地震はあるのかないのか調べてみた

Among them, it is atopic disease that is very anxious.

If you live in Malaysia you will be less atopic, Malaysia seems to have a huge advantage.

Medical evidence is also necessary, but I will pick up and write down the articles you care about.

❏ Japanese water contains high concentrations of chlorine in compliance with world standards. A country with tropical rainforest climate like Malaysia will not finish using chlorine to disinfect Mizuno, but the amount of chlorine in Japan is abnormal.
As mentioned before, the Japanese regulation stipulates that the chlorine concentration at the water outlet is 0.1 ppm or higher, and there is no upper limit.

❏ In Germany and other European countries, it is stipulated that “the chlorine concentration at the water outlet is 0.05 ppm or less”.
In Germany we are trying to keep the chlorine concentration low, but in Japan we are trying to maintain a higher chlorine content.

❏ Since the incident of Escherichia coli O – 157, in Japan there is a tendency to host microorganisms. I think that “maintenance of people’s health” should be the purpose, but I think that “kill microorganisms” has been replaced by purpose. Despite placing a large amount of chlorine in the water, there are very terrible customs in Japan to drink tap water as it is or use it for cooking. What kind of harm is caused by this custom?

❏ I think that atopic dermatitis is caused by water.
Atopic dermatitis develops by immunity not functioning normally and attacking oneself. Possible reasons are:
1) Food
2) Air
3) Water
The above three are inferred as the possibility of being taken into the body.
From an epidemiological point of view, looking at the occurrence of atopy is very funny. Actually, atopy does not exist as much as Malaysia can be said to be most. In addition to Malaysia, there are few atopy in countries around Southeast Asia.

❏ In addition, it has been recently that atopy started to occur abundantly in Japan, and atopy has hardly developed in my parent’s generation.

❏ Chlorine interferes with DNA that preserves protein and genetic information in the body. In the case of proteins, they are repaired so that the problem does not surf. However, if a nucleic acid suffers a failure, its next generation will fail. When a child is made, DNA damage information is handed down to the child as it is,
I guess it may appear as immune diseases like atopic dermatitis and other various congenital diseases.
In fact, atopic dermatitis was an almost irrelevant disease for parents and grandparents.

http://hojotea.com/en/posts-480/

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク