76 Views

ランカウイ島で一番驚いたこと!レンタルバイクはガソリンからっぽ!(笑)

スポンサーリンク


クアラルンプールのhostelのmingleのルーフトップのレントが、13th Junからなので、5日間どこか宿をとるので、せっかくだからKLではないマレーシアを探してみてランカウイ島にきている。

関税のない地区なので、ビールが安い。観光にはまったく興味がないけれども、土地勘をつけたくて、レンタルバイクを借りてみることにした。

なんと、1日24時間で、25リンギットだという。 現在1日25円(0.23ドル)前後なので、24時間、625円(6ドル)で借りられる!

そこで、午前中はのんびり朝食を食べて、ネットでランカウイ島のオススメすぽっとなどを調べていたら、とっくに正午すぎ、バイクを借りにいくと、すべてソールドアウトで、仕方なくしょぼい、雑貨店でほそぼそとやっているレンタルバイクでレンタル。
値段は35リンギットで、10リンギット高い!損した感はあるが、24時間875円(8ドル)だ!

とりあえず、借りて、免許とか国際免許証とかパスポートをだすが、彼らはなんと!ノーチェック!!!!
えー!!!
これには、一番驚いた!
おいおい、なんで、免許確認しないんだ?

ガソリン空っぽで貸すなよなぁ…

ヘルメットは、どっさりつまれた中から好きなの選べと案内される。
どんだけ…、ひどいメットばかり!

もう適当にかぶってみてフィットしそうなのを選ぶと、紐がちぎれそう。
まともじゃないやつは、処分しとけよなー

ヘルメット選びに時間さいているわけにはいかない…。

適当にヒモがストップできるヘルメットをようやく見つけて、次はバイク…。

一応、エンジンのかけ方、ブレーキ、収納部分を確認するが、面倒くさそうに説明するコンビニ雑貨店員。

エンジンを自分でかけてみて、ガソリンを見ると!なんとエンプティー割ってるし!
おいおい!おいおい!

一応、これでもレンタルかよ!

「まっすぐいって、左にいって、T字路になったら、そこを右にいくと、ガソリンショップがあるからそこで入れてね バイバイ!」

これぞ、アジアの純真!

「他にガソリン入っているのない?」「ない」以上でこれ以上ネゴってる場合ではないと判断し、ガソリンスタンドへ向かう。

ガソリンは5リンギで十分

知らない道を、バイクで久しぶりに走る…。原付きなのか125なのかは不明。

バイクに乗るのは何年ぶりなんだろう?
かなり忘却の彼方だ。

路肩のガタガタと砂が多く、スリップしそう。かといって、2車線なので、クルマもガンガン来る。こちらの運転の車間距離はとてもせまい。

制限速度もわからないまま、ガソリンスタンドへ到着…。

もちろん、セルフサービスだ。

一応、ガソリンのナンバー4を覚えて、売り場にいく…。10リンギット(250円(2ドル))渡すと、いくら入れるかと言われて、RM10が、最小の単位でないのを悟り、5リンギット(125円(1ドル))と答えた。

どれくらい走れるのかを知りたかったからでもある。

そこで、ガソリンを入れ始めるが、しっかり握らないと、メーターがまわらない。途中まででフニャと握ると、ようやく注入開始! ええかげんな感じ…。

しっかり5リンギのところでメーターが止まるが、おいおい、ガソリンタンク目一杯で、零れそうになっているではないか!
10リンギ頼んでいたら、溢れ出てたかも! 
うーん、危なかった!

ようやく、これで、バイクレンタルのスタート!

バイクをレンタルしてさあ、これからという時に、見知らぬ土地で、ガソリンスタンドを探す時間、これって最初からめげそうになります。

ランカウイ島で一番驚いたこと!レンタルバイクはガソリンからっぽ!(笑)

しかし、これはトラブルの序章にすぎなかった…。

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク