BMWのオーギュメンテッド・リアリティ技術

バーチャルヘッドセットの全くないものを実現するのではなく、実際にはそこにないものを、仮想的に見せるという技術であるオーギュメンテッド・リアリティ。
マニュアルを参照せずに、ダイレクトにその物体にオーバーレイするという発想は使えるだろう。
サングラス型なくても、手鏡型でも、携帯型でも可能だろう。

この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。