470 Views

税収等の増加1.4兆円+歳出抑制1.8兆円 内閣府がひた隠す2020年度収支のカラクリ 

「税収等の増加1.4兆円+歳出抑制1.8兆円」という目論見つまり、2020年度の基礎的財政収支が、2月試算よりも7月試算で3.2兆円「改善」した要因は、1.4兆円が税収等の増加によるもので、1.8兆円が歳出抑制によるものであるといえる。このことから、税収増よりも歳出抑制による効果の方が大きいことがわかる。税収等の増加は、当然ながら、2014年度の決算における税収増の情報も加味している。しかし、今年6月に経済財政諮問会議で取り沙汰された税収弾性値については、今回の7月試算では、2016~2020年度の値は平均でみれば1程度となっており、諮問会議での「1.2~1.3に引き上げる」との見方を退けた。

情報源: 内閣府がひた隠す2020年度収支のカラクリ | 岐路に立つ日本の財政 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

号令一発でこれだけ数字が変えられるのだから財政収支ってどうにでもなる数字だと思う。

この記事に関連する記事