世界同時株安という名の『チャイナリスク』

日経平均もNYダウも同時株安

http://www.nikkei.com/markets/kabu/index.aspx?form=stock1

¥1万8,540

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.O&d=1w

マーケットの反応はさまざま…

日経平均急落、中国株暴落、世界同時株安の原因を探る: 原因はギリシャでも中国でもない

日経平均急落、中国株暴落、世界同時株安の原因を探る: 原因はギリシャでも中国でもない

世界同時株安は暴落ではなく急落

世界同時株安は暴落ではなく急落: 株安はいつまで続くか? 何を買うべきか?

色々とコトバを選んでいる気がしてならない…。

しょせん、人気投票の結果としての株価。

誰かがバブルと言い出した途端にバブルになるし、誰かが責任とって、大丈夫と言えば回復する。

企業の業績だけでなく、為替の変動や国の情勢によっても大きく変わる。企業を支える株主の立場としては、急落で一喜一憂する株主が多ければ多いほど、不安になる。

しっかりと支援する企業が成長するために投資するのが本当の投資家の姿だと思う。

チャイナ・ショックに忍ぶチャイナリスク

人民元切り下げ、天津の爆発、山東省での化学工場爆発 、抗日パレード(2015年09月03日)、いろいろと中国は国内外にむけて、忙しいイベント事件続きだ。

もはやGDP世界第二位の国という意識が、指導者側にあっても、それ相応の世界に対しての経済の透明制や情報の公開も求められている。

マーケットは、チャイナのリスクをすでに織り込み済みで考えておくべきだろう。

ましては、北朝鮮と韓国がにらみあいを続けているこの時期だ。何が起きてもおかしくない。ただ、世界恐慌に及ぶほど、今のバブルは本当のバブルとは程遠い。一部の投資家にしか恩恵は届いていない。

この記事に関連する記事