//

コンビニATM14億4000万円引き出し被害 出し子100人以上 | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tvコンビニATM14億4000万円引き出し被害 出し子100人以上 | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv
711 Views

コンビニATM14億4000万円引き出し被害 出し子100人以上

17都府県1400台のコンビ二ATMから、14.4億円が引き出しにあったという。
しかもたったの2時間半の間だ。
2016年5月15日(日)。
おそらくATM犯罪史上世界最大ではないだろうか…。

なによりも、一台のATMあたり、102万円の引き出し、1分あたり960万円が引き出されているのだ。
しかも、日曜日の朝の5時から朝の8時前のコンビニにとっては一番閑散としている時間帯だ。
100人の受け子が、ひとりあたり14件のコンビニの地域を分担して、102万円づつひきだし、総額1428万円。
カバンひとつにおさまる金額だ。1割をもらえたとしても、142万円となる。
外国人の来訪者が増えているので、高額な土産を買う為に、海外の口座から100万円の現金が引き出されていても、不思議ではない。

そして、こうやって明るみになるまでに1週間もかかっている。
口座の動きに変化があれば、その度にメールを飛ばしてくれるようなDr.walletに登録していれば、もっと早く気づくはずだ。

さらに考えれば、○万円以上の引き出しの場合は、自分のスマートフォンに表示される数字を打ち込まないと引き出しできないような二重認証のような仕組みが必要かもしれない。
クレジットカードの情報が漏洩する可能性がある以上、犯罪にあう前の自衛手段を個人も持たなければならない時代だ。

そういう意味でも、堅牢性を高めたフィンテックの運用を採用した銀行やクレジットカード会社は選ばれる要素を持ち、付加価値でビジネスができると思う。

なによりも100人以上の受け子を管理しているというのがすごい。

犯罪組織は、とうにそのキャッシュを手にしているのだ。コンビニATMのキャッシュはすでに流通しているキャッシュなので、番号から足がつくこともない。いや、キャッシュをそのまま別の口座に送金し、そこからまたどこかの海外口座へ送金してしまったのかもしれない。

流出したカード情報と偽造カードがあれば、コンビニATMは本人として、サービスを提供する。そして、残高があれば、残高を提供するし、同時にキャッシングやローンで残高以上にキャッシュを引き出すことも可能だ。

コンビニで14億不正引き出し…17都府県一斉

❏全国17都府県のコンビニの現金自動預け払い機(ATM)約1400台で今月15日、偽造クレジットカードとみられるカードが一斉に使用され、総額約14億4000万円が不正に引き出されていたことが捜査関係者への取材でわかった。
❏約2時間半の間に、100人以上の犯人グループが各地で引き出したとみられる。
❏南アフリカの銀行から流出したカード情報が使用されており、警察当局は背後に国際犯罪組織が関与しているとみて、海外の捜査機関と連携して捜査を進める。
❏捜査関係者によると、不正に現金が引き出されたのは、東京、神奈川、愛知、大阪、福岡など17都府県のコンビニに設置されたATM。
❏日曜日だった15日の午前5時過ぎから8時前までの約2時間半の間に、計14億4000万円が引き出された。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160521-OYT1T50136.html