608 Views

【企業理念】ハーマン・ミラー社の企業理念 Herman Miller Business Services for Contract Customers

< left>

ハーマンミラーの企業理念

 

ハーマンミラーの信念
ハーマンミラー社は、たくさんの人々の才能と希望と夢の結晶体です。言い換えれば、同じ価値観をもつ人々のコミュニティーなのです。時代とともに変化するビジネスニーズを見据えながらも、つねに周囲とは一線を画する信念と価値観を貫くこと。それこそが多くの人々の信頼を得るか否かを決定するのです。

お客さまのほんとうの満足のために。
ハーマンミラー社は、利益のためだけに商品やサービスを提供するのではなく、お客さまに対する「有意義な貢献」を第一の目的としています。そのために、私たちはまずお客さまの職場環境や問題点を十分に理解することから始めます。そして私たちの商品やサービスがどれだけお客さまの希望をかなえることができるか。どれだけ満足させられるか。それが私たちのビジネスの基本です。

コミュニティーの発展と、人材育成。
ハーマンミラー社は、サプライヤー、ディーラー、顧客、デザイナーといったあらゆる人々を、コミュニティーの一員としていつでも歓迎しています。さまざまな考えや意見や能力や経歴をもった人たちが結びつくことで、1プラス1が3にも4にもなるからです。
過去50年間、私たちは、こうしたコミュニティーという考え方を大切にしてきました。それはたくさんの人々の豊富なアイデアや意見によって互いが刺激しあい、ひとりひとりがさらに向上していけるからです。そして従業員は独自の才能を伸ばすことで、顧客によりよいサービスを提供できるわけです。ですから、企業にとってもっとも重要な投資は、従業員の才能や能力を開発することだとハーマンミラーは考えています。私たちが人材育成に投資することは、私たちの未来に投資することなのです。

投資家と従業員への経済価値の創造。
ハーマンミラー社は、従業員の持株制度を重要視しています。株主になることは、従業員が自らのために価値をつくりだす作業でもあるからです。また株式公開企業として、私たちは投資家に対して経済的な価値を創出するために、人材と財務的資源を有効に活用します。このように経営陣と従業員が相互に経済的な価値に目を向けることで、成長を続けられるものと考えています。

デザインの革新と変化への対応。
歴史を振り返ると、ジョージ・ネルソン、チャールズ&レイ・イームズといった人々の協力を得ながら、私たちはデザインを通じて時代をつくりあげてきました。デザインが現実の問題を解決し、今までにない新しいステップへと私たちを飛躍させてくれたのです。優れたデザインは新たな洞察や理解、革新をもたらし、それによって最高のサービスをお客さまに提供することができるのです。

誠実であること、環境を守ること。
お客さまとの約束、投資家との約束、社員との約束を果たすために、ハーマンミラー社はビジネスにおいても誠実であることを何より大切にしています。たとえば、環境を破壊し、企業の価値を下げてしまうような無駄や非効率を排除しながら、製品をつくり、サービスを提供する方法を考えます。環境を守ることはビジネスの良識ではなく、私たちにとって真に正しいと信じる道なのです。

独自性のある企業をめざして。
ハーマンミラー社にとっては、独自性こそ企業のアイデンティティと言えます。それは私たちのビジネスの意義であり、将来の指針でもあります。ますます競争が激化するビジネス環境において、この価値観をどこまで貫けるか、そしてお客さまのビジネスや生活にどれだけ貢献することができるか。私たちの成功の鍵は、ここにあります。

via www.hermanmiller.co.jp

企業が組織である前に、「同じ価値観を持つ人々のコミュニティーである」と定義しているところが、素晴らしい。

「顧客に対する、有意義な貢献」という考え方も、製品やサービス、いろんな選択肢に迷った局面で、正しい判断を導きやすい。






この記事に関連する記事