6,195 Views

生活費は月3〜5万円 自作の小屋で暮らす若者たち

九十九里浜にほど近い九十九里町作田。吉田克也さん(28)は一昨年11月に東京・世田谷から自転車でリヤカーを引いて移住してきた。

ネットで検索して見つけた140平方メートルの空き地を45万円で購入。業者に依頼して井戸を掘り、最低電流の電気も引いた。

テントで暮らしながら、近くのホームセンターで建材を買い、ネットに掲載された建築の方法を参考にして毎日少しずつ建設。約1カ月で4畳ワンルームの小屋を完成させた。ここまでの出費は計約90万円。

普段の生活も質素だ。水道代は無料だが、電気代は月約400円。日々かかるのは食費がほとんどだが、家庭菜園で野菜を作ったり、近所から食料品を分けてもらったりも。締めて月3万~5万円ほどの出費だ。「節約するつもりはないのだが」と吉田さん。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150411-00000026-asahi-soci

もしかすると、日本のこれからの地方は、アジアのメコン川流域国に行くよりも、安上がりな暮らしが実現できる、いや、むしろ貨幣価値を介在しない、ホームブリューな暮らしができる場所になるのかもしれない。

140平方メートルの空き地で45万円。
農作物で自給自足。発電装置がさらに安価になればライフラインで必要なのは水だけだ。

これは新たな都市生活からの移民であり、インフラ・ハックともいえるだろう。

もしかするとこれで、シェアハウスとすれば、新たなヒッピー・コミューンが形成されるのかもしれない。

小屋の作り方 DIY日曜大工で家をつくる
http://diy-ie.com/koya-tatekata.html

なんだか楽しそうだ!

この記事に関連する記事