76 Views

中国の滴滴出行(ディディチューシン)Didi Chuxingメモ

スポンサーリンク

中国の400都市の4億人以上のユーザーへ交通サービスを提供している
滴滴出行は2015年だけで乗車回数14億回を達成し、2016年には1日平均で2000万回以上となり2009年の創業から6年かけて10億回を達成したUberを大幅に上回るなど世界で最も支配的なライドシェア企業
https://ja.wikipedia.org/wiki/滴滴出行

「タクシー配車サービス」、「私用車配車サービス」、「ヒッチ(ソーシャルライドシェア)」、「ディディ・ショーファー」、「ディディ・バス」、「ディディ・テストドライブ」、「ディディ・カーレンタル」、「ディディ・エンタープライズソリューションズ」、「ディディ・ミニバス」、「ディディ・ルクゼ」及び自転車者エアリングなどのサービスをスマートフォンアプリを通じて提供している
https://ja.wikipedia.org/wiki/滴滴出行

https://en.wikipedia.org/wiki/Didi_Chuxing
https://www.crunchbase.com/organization/didi-dache

台頭する配車アプリ 滴滴出行(ディディチューシン)

嘀嘀打車 (2012年6月~2015年2月)
2012年6月、程維(中国語版)が「小桔科技(オレンジ・テクノロジー)」を設立し、滴滴出行の初期の配車サービスアプリ「嘀嘀打車」が開始された

2013年ゴールドマンサックスの元アジアマネージングディレクターの柳青 (ジーン・リウ)がCOO(最高執行責任者)として入社
2014年に柳青 (ジーン・リウ)が社長になった

嘀嘀快的 (2015年2月~2015年9月)
嘀嘀快的は2015年2月のタクシー配車サービス企業「嘀嘀打車」 (中国の巨大インターネット企業テンセントの支援を受けた)とアリババグループの支援を受けていた「快的打車」の合併の結果誕生した。

2015年5月時点で、嘀嘀打車は10億人民元(1億6100万ドル(181億3021万円))を投じ「易到用车网」のようなスタートアップや中国版Uber(中国で3番目のインターネット企業 百度が投資)に対して支配的ポジションを固めるために積極的なプロモーションと広告活動を行っていた

2015年9月、2015年に「滴滴打車(テンセントグループ)」と「快的打車(アリババグループ)」が合併して生まれた「滴滴出行」

2016年6月、ディディは45億ドル(5067億4500万円)の資金調達ラウンドを終了した。投資家にはApple.Inc、「中国人寿保険」とネット通販企業アリババグループホールディングスの金融子会社「アント・フィナンシャル」などがいた。この資金調達ラウンドは民間企業による世界最大の株式による資金調達となり、ディディによる過去の記録を更新した。加えてディディは招商銀行が用意した25億ドル(2815億2500万円)のシンジゲートローンを確保したほか、中国人寿保険から借金で約3億ドル(337億8300万円)を調達した

2016年、滴滴出行ディディチューシンが、2016年8月1日にUberの中国事業を350億ドル(3兆9413億5000万円)で買収。程維はUberの取締役になり、トラビス・カラニックはディディの取締役に就任

中国・滴滴にソフトバンクら6千億円出資 米国進出説も浮上

中国のインターネット巨人企業3社(アリババテンセント騰訊控股有限会社百度)全てから投資を受けた唯一の企業

中国・滴滴にソフトバンクら6千億円出資 米国進出説も浮上

滴滴出行を率いるのは1978年生まれの女性総裁のLiu Qing(柳青)。ゴールドマン・サックスに12年勤務した彼女は2014年に同社に参画した。今年3月に滴滴出行はサンフランシスコのマウンテンビューに人工知能(AI)のリサーチセンターDidi Labsを開設。「AIをベースとした自動運転テクノロジーの開発に注力する」と述べていた。

中国のライドシェア企業「滴滴出行(Didi Chuxing)」は、新規に55億ドル(6193億5500万円)(約6150億円(69兆2551億5000万ドル))を超える資金を調達した。4月27日、CNN等のメデイアが伝えた。
出資元は既存の出資元のソフトバンクや、中国の招商銀行(China Merchants Bank)、さらに新規でSilver Lake Kraftwerkやジョージ・ソロスも参加した。今回のラウンドで滴滴出行の企業価値は500億ドル(5兆6305億円)(約5.6兆円(563兆500億ドル))と評価された。
CB Insightsによると、滴滴出行はこれでウーバー(企業価値680億ドル(7兆6574億8000万円))に次いで世界で2番目に価値の高いスタートアップ企業になり、アジアでは最大の評価額になった。

滴滴出行にはこれまでアップルやアリババ、テンセントら100以上の企業が資金を注いでいる。
https://forbesjapan.com/articles/detail/16139

GrabTaxiに出資  ソフトバンクグループとモバイル配車サービスの滴滴出行

2017年 ソフトバンク(日本) &滴滴出行ディディチューシン(中国)が、 GrabTaxi(シンガポール)に20億ドル(2252億2000万円)出資

ソフトバンクグループとモバイル配車サービスの滴滴出行は、同じくオンデマンドの配車や決済サービスで東南アジア最大手のグラブに最大20億ドル(2252億2000万円)(約2200億円(24兆7742億ドル))を出資

世界でモバイル配車ビジネスの競争が加熱する中、同業の米ウーバーは巨大市場であるロシアと中国からの撤退を余儀なくされた。東南アジアでもグラブだけでなくインドネシアのゴジェックなどとの競争が激しさを増している。
ソフトバンクの孫正義社長は、「グラブは移動と決済など東南アジアでの大きな課題をテクノロジーで解決しようとしており、世界でダイナミックで有望と言える同地域の中でもとてもエキサイティングな企業だ」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-24/OTKZRM6KLVRL01

中国タクシー運転手「配車アプリのドライバーに移りたい」 法規制に地方政府は及び腰
(2017年)7月28日の交通運輸部「網絡預約出租記者経営服務管理暫行辯法」、同じく9月9日の、同部公布「出租汽車駕駛従業資格管理規定」及び「巡游出租汽車経営服務管理規定」により法的規制を明示。
・滴滴出行には1500万人の運転手が登録
・75%は兼職、つまりアルバイトのドライバー
・タクシー運転手は、配車アプリの運転手は自由で実入りもよい。合法的な立場となるなら転向したいと発言
・滴滴出行は、Uberの中国事業との合併協議を進行

中国タクシー運転手「配車アプリのドライバーに移りたい」 法規制に地方政府は及び腰

中国で不動産の「購入制限」 深セン、広州などで再び  2016年
https://zuuonline.com/archives/123623

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク