801 Views

Docomoショップでsamsung galaxy note II 5つの疑問点を解決してきた 

スポンサーリンク


 


 

Docomoショップでsamsung galaxy note II 5つの疑問点を解決してきた 

【1】電話帳アプリの使い方。
   →ドコモアプリ 「電話」「電話帳」
   →Galaxyアプリ「ダイヤル」「連絡帳」
    ※これは、わからないわ!

  デバイスメーカーアプリと、通信キャリアアプリでかぶっていることが問題。

  iPhoneユーザーからは、本当にわけがわからない仕様だった。

【2】画面キャプチャがとれない。
   iPhone5とはちがって、まったく同時にパワーボタンとホームボタンの長押し。 iPhoneに慣れている人は注意! 少しずらして押す長押しのクセがついているから。

 これは、自分の同時長押しのクセを修正しなければならない。

【3】SMS 携帯 メールが到着しない Googleの二段階認証が届かない。

デフォルトで携帯以外のメールを受け取らない設定になっている!同時にアプリの設定もできていない状態でわたされている。
※SPAM対策かもしれないが、お知らせすべきですね。もちろん、最初に設定もしておくべき。サポートの時間がより増加

【4】お申込みプランの解約。余計なプランを入れれればいれるほど、その解約の説明の時間も必要。これはケータイ代理店のビジネスモデルそのものの見直しが必要。

【5】PCとの連動 Macintoshは対応不可!
   ※ショック!

追加!【6】LTEのツカミが不安定 
ドコモショップ店内で他機種ではバリバリなのに3Gになったり途切れたりする。SIMの交換、本体の交換は別のGalaxy note IIでも同じ症状。結局SIMの意味のない交換…。
 本部に症状報告。
 ※なんだか、無駄な時間と資産の消失…。

 

2012年12月31日 11:00のオープンから12:30まで90分かかった。

一人のスタッフを90分間(1.5時間)も独占すると、1日の人件費を3万円(店舗固定費込み)として約 5,000円分をサポートに費やしている計算。

これは「しくみ化」するか、サポートを簡素化しないと、経営を圧迫!

高機能化、多機能化するスマートフォンを個別にキャリアがプリインストール、代理店が利益アプリをインストール、困るのはユーザー。ユーザーが困ればこのように店舗が圧迫の悪循環だ。

 

 





 

 

この記事に関連する記事