ドクター中松の果てしなき挑戦 ヴァーチャル都知事選挙

ドクター中松さんは、あともう少し、集票できれば、供託ポイントギリギリまでせまる候補だったので、ひとえに、泡沫候補とは、いえない存在だった。それだけに、最近の参戦がないのは、やはりご高齢ならではの理由と寂しく理解していた。

いやいや、実は、あのドクター中松が、都知事選挙にバーチャル参戦しているという。

東京都知事バーチャル選挙 候補者はドクターひとり!

劇団ひとりではなく、ドクターひとりが孤軍奮闘されている。

しかも、誰もが、何度でも投票できる!w
都民でなくても、18歳以上でなくても、選挙権がなくても投票できる。
投票箱をクリックしただけで、投票できてしまうのだ。
これは斬新過ぎて、何がやりたいのかよくわからない。

http://virtual-tochiji.weebly.com/

余命2年の末期ガンをはるかに超え、ドナルド・トランプも教え子だという中松氏。

天才のやりたいことは、一般庶民の平均的なIQでは、とてもなく理解できないことばかりなのだ。

ドメインは、無料ウェブサービスのweebly.comを使っている。
https://www.weebly.com/

この記事に関連する記事