燃えよドラゴン誕生 ブルース・リー 1973年08月29日

Toshiaki Kanda 2016年04月21日 木曜日
0 people like this post

ブルース・リーに関するドキュメンタリーはいろいろあるけれども、
この「燃えよドラゴン」にフォーカスした時代検証はとても興味ぶかい。

なぜ、この映画がブームをおこし、ここまで伝説的な映画となったのか?

何よりも、ブルース・リーがこの世を去ったのはたかだか32歳の若者だ。

ブルース・リーという社会現象を紐解く時間としてこの番組のアーカイブの存在に感謝する。

NHKもそろそろアーカイブの価値を視聴料をとりながら、さらにアーカイブごとで徴収するというモデルは、公共放送としての立場で検討したほうがよいだろう。なによりも、番組を視聴者のために制作していることを意識し、国民全員がアクセスできるようにすべきだろう。

当時の関係者へのインタビューも丁寧な取材だ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブルース・リー

ブルース・リーがもし、生きていたら、79歳だ。

映画公開からは、47年。

知ってるつもり?!「ブルース・リー」
https://www.youtube.com/watch?v=-leYh6bE-ZA

ブルース・リーにヌンチャクを教えたとされる出村文男氏
https://www.youtube.com/watch?v=n5alWVZ3Q1U

大阪の40歳以上はブルース・リーだらけ
https://www.youtube.com/watch?v=bRjpfr-ZDj0

  • 0
  • 521
Toshiaki Kanda