オレゴン州の安楽死

Toshiaki Kanda 2015年05月28日 木曜日
0 people like this post

米国ではオレゴン州をはじめてとして「安楽死」が合法化されている州が5つある

また、安楽死を検討している州も増えている

世界に衝撃、米29歳女性の「安楽死」 日本でも議論、「尊厳死」との違いは?

脳腫瘍のため余命半年と診断され、「安楽死する」と公表していた29歳のアメリカ人女性、ブリタニー・メイナードさんが、2014年11月1日に医師から処方された薬を飲んで亡くなった。
ギャラップ社の世論調査では約70%の人が痛みのない形での安楽死を認めているという。しかし、自殺を認めないカトリックなど宗教上の理由から議論は必ずしもはかばかしく進んでこなかった。「痛みや苦しみを理由に許可すべき」という意見がある一方、「自殺を助長する」と安楽死を認めない意見も依然として少なくない。実際、アメリカで安楽死が認められているのはオレゴン州など5つの州にとどまるっている。
そもそも国内に安楽死を認める法律は存在しない。1991年に末期のがん患者に塩化カリウムを投与した医師が殺人罪で起訴され、執行猶予付きの有罪判決が下された事件が起きた。その時、横浜地裁は安楽死が許容される要件として、(1)患者に耐えがたい肉体的苦痛があること、(2)死が避けられず、死期が迫っていること、(3)肉体的苦痛を避ける代替手段がないこと、(4)患者の明確な意思表示があることを挙げた。

http://www.j-cast.com/2014/11/04220008.html

この記事に関連する記事

Category: healthcare
  • 0
  • 82
Toshiaki Kanda