evernote新CEOにGoogle出身のクリス・オニール氏が就任

Toshiaki Kanda 2015年07月21日 火曜日
0 people like this post


新CEOに就任するクリス・オニール氏
https://twitter.com/croneill


現CEOのフィル・リービン氏が、会長というポジションに退きながら、さらに製品開発に望むというスタンス。

かつてのMicrosoft社のビル・ゲイツのチーフサイエンティスト就任した事を想い出した。

創業者がエンジニアだと、経営に時間を割かれるのが一番無駄と思えるのかもしれない。

米エバーノートCEOにオニール氏 グーグル出身

クラウドサービス大手の米エバーノートは20日、米グーグル出身のクリス・オニール氏が27日付で最高経営責任者(CEO)に就任する人事を発表した。現CEOのフィル・リービン氏は会長に就任する。グーグルで10年近く営業畑を歩んできたオニール氏をトップに迎えて事業基盤を強化。将来の株式上場に備える。

オニール氏は2005年にグーグルに入社。カナダの現法トップなどを経て、直近は先端研究部門グーグルXで眼鏡型ウエアラブル端末「グーグルグラス」の事業責任者を務めていた。

リービン氏は08年にサービスを始めたエバーノートを世界で1億5000万人が利用する有数のクラウドサービスに育てた。会長就任後は製品開発に専念する。

日本経済新聞社は昨年、エバーノートと資本・業務提携。日経電子版とエバーノートを連携させたサービスを今春から提供している。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK21H01_R20C15A7000000/

この記事に関連する記事

Category: news
  • 0
  • 78
Toshiaki Kanda