「旦那の給料じゃ足りない(涙)」…という「ほけんの時間」のせつなすぎるコピー

Toshiaki Kanda 2015年07月21日 火曜日
0 people like this post

旦那の給料じゃ足りない【涙】

「旦那の給料じゃ足りない(涙)」…という「ほけんの時間」のせつなすぎるコピー 2

「なんとかします保険料の節約で。」

ほけんの時間
https://www.hokennojikan.com/

え!そこ? で解決してしまうのか(笑)…。しかし、笑うに笑えない。

電車のドア広告には、今日も過激で、シニカルで、直情的なコピーが並ぶ。

いやーな気分になりながら、保険料のみ直しされてもなーと、思うが、奥さんは、旦那が死んでも守られる権利が必要だから、仕方がない。

万一、ダンナが、のたれ死んでも、家族は守られるべきだという発想だ。

しかし、未病や、疾病対策、小まめに検査をする事で、三大疾病から、かなりの確率で助かる率が上がる。

しかも、生活習慣病を防ぐためにも、スーパーの安売りで添加物だらけの食材や、ファーストフードや、500円ランチに、頼るのでは意味がない。

家族や、旦那の、身体のためになる食材で、栄養価の高い食事を腹六分目にする方が、保険料を見直した分だけ、そちらに、かけた方がよくないだろうか?

基本的に人間は口から、食べたものからしか、栄養や健康は、勝ち取れない。

薬にもできる限り頼らないで良い生活をするのがベスト。日本は薬代が皆保険で安くなるから、薬局よりも、安い病院についつい行ってしまう。

結果として国の財政は、お医者さんの栄養へと変化する(涙)

この記事に関連する記事

Category: healthcare, 広告
  • 0
  • 11
Toshiaki Kanda