18 Views

YouTube英語 笠原式高速メソッドの英語

スポンサーリンク

YouTube英語 笠原式高速メソッドの英語

最初に聞いても…???だった英語が、5分語には、すっかり頭に入る。

翻訳ではなく、英語の語順のままの翻訳のほうが英語学習者には向いていることがよくわかる。

また、動画で視覚情報があれば、聴覚がどれだけ高速でも、脳が反応できることがよくわかる。

英訳が正確にできることよりも、英語が使えることのほうが重要だと思います。

英語の語順のままで理解しないことには、話せるようにはならない。
もちろん、話す時は、英語の語順で考えないといけない。

まずは、主語と動詞+○○○ から話す…。 
【主語=誰が】【動詞=する/です】【誰に/なにを】【どこ】【いつ】

【books】目からウロコの「意味順」英語で英作文がカンタンに!【誰が】【する/です】【誰に/なにを】【どこ】【いつ】田地野彰式

日本語のように、「助詞」の「てにおは」で語順がどのようになるのではなく、英語の「語順」を覚えるのがとっても重要だ。

スポンサーリンク