337 Views

Google+、ユーザー数はTwitterと互角、ユーザーからの反応数は2倍 (MarkeZine(マーケジン)

スポンサーリンク





Googleが2011年6月から提供しているSNS「Google+(グーグルプラス)」。FacebookやTwitter等のメジャーなSNSと比べると、日本におけるプレゼンスは低い。ネットリサーチ「Fastask」を運営するジャストシステムが発表した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年2月度)」によれば、

Google+を「現在利用している」と答えた人の割合は17.4%。Facebook(37.3%)やTwitter(34.2%)
の利用率と比べると、約半数に過ぎない。

 けれど、質の面ではGoogle+は優れたSNSだとの指摘を調査会社の米Forrester Researchが2014年3月に発表した。同社は2014年2月、大手企業50社が7つのSNS上で作成したブランドページを調査。

Google+に設けたブランドページは、Twitterに設けたアカウントが集めたフォロワー数の90%を集めていたという。

その上、ファン/フォロワーからの反応率を測るエンゲージメント率で見ると、Google+が、Twitterの約2倍になった。

 さらにアメリカでのデータになるが、Google+とTwitterはユーザー数でもほぼ同じ。ネット接続環境のある米成人の22%が少なくとも月1回はサイトを訪れるという点も同じ(Facebookは72%)だとForrester Researchは指摘している。

 このような状況を踏まえ、「Google+のメリットを考えたら、3分の1以上の有名ブランドがGoogle+を利用していないのは驚きだ」と同社バイスプレジデントのNate Elliot氏はコメントしている

via markezine.jp

Google+ はポストfacebookに、LINEの次あたりにポジショニングしていると思う。いや、本当はとっくにfacebookを駆逐していないといけないはずなのに、BUZZiGoogle  wave nowやらいろんな寄り道で、グロースハッキングに失敗している。

検索機能も当然、googleなので、自分の書いた文章は探せるのが、当たり前だけど、優れているし、いい事づくめ。

しかしだ!。
普及しなかった最大の原因は、gmailアカウントとのヒモづけが強すぎて、自由にできない点だ。

すでに使っているアカウントとのヒモづけを自由にさせれば世界を制覇できるはず!
今からでもやってくれれば…。

facebookが、ドアホのBingにこだわっている間に(笑)

スポンサーリンク




この記事に関連する記事