Google Spreadsheetの活用術 Webデータスクレイピング XPathからIMPORTXML関数

Toshiaki Kanda 2020年09月23日 水曜日
0 people like this post

GoogleSpreadSheetからのデータスクレイピング

https://dividable.net/programming/scraping-tool

こちらを参考にして、通信各社の現在の株価をスクレイピングしてSpreadSheetに反映してみる。

証券会社のアプリとかではなく、自分のブログでカンタンに株価を比較してみたかったから。

Pythonなどでスクレイピングのプログラムを書いてからウェブへではなく、ウェブを開けばそこに表示されているのが理想だ。

URLを指定して、その中からデータをスクレイピングしたい部分を『XPathクエリ』を指定して、
『IMPORTXML関数』で取り込むだけ。

以上!

ちなみに、ヤフーファイナンスの現在の株価のXpathは、

Chrome >検証

Copy > Copy Xpathを取得 で習得できる。





//*[@id=”stockinf”]/div[1]/div[2]/table/tbody/tr/td[2]

Xpathの『”』は、SpreadSheetの記述とぶつかるので、『’』シングルになおした。
//*[@id=’stockinf’]/div[1]/div[2]/table/tbody/tr/td[2]

=IMPORTXML(B1,”//*[@id=’stockinf’]/div[1]/div[2]/table/tbody/tr/td[2]”)

の関数を B1からB3までコピー


株価スクレイピングとして、SpreadSheetに習得したいヤフーファイナンスのデータのURLを記述します。

google SpreadSheetの数値にとりこまれていれば、今度はこのSpreadSheetからウェブ公開を選び、WordPressの『カスタムHTML』にペーストするだけ

SpreadSheet をそのままWordPressにエンベッド

こちらからでもSpreadSheetをご覧いただけます
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1Ljsw_TtYP-NzpIoRD4Maf93HEskqFh0G10VI59uBo_4/edit?usp=sharing

これができるだけで、昨日までの自分とは雲泥の差が生まれた!




Category: program
  • 0
  • 394
Toshiaki Kanda