マイクロソフトの上場目論見書 1986年

Toshiaki Kanda 2020年09月30日 水曜日
0 people like this post

http://www.lannigan.org/pdf/Microsoft_prospectus.pdf

1986年のマイクロソフトIPO時に37.8万円でマイクロソフト株を100株買っていたら・・・!?

IPOの初値は21ドル  100株で2100ドル 21万円
9回の株式分割で100株は、28,800株へ
現在の株価は… 207ドル(2020年9月30日)
207ドル×28,800株で、596万1600ドル つまり、5億9600万円!
2,838倍に!

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/detail/MSFT?d=1y



発行株式は7,567,652,935株 × 207.26ドル =
時価総額は1,568,471,747千ドル  156兆8471億円

32年前から凄かった! マイクロソフトの上場目論見書を読み解く

https://www.businessinsider.jp/post-108771

1986年 パソコンの歴史1986年
https://www.eonet.ne.jp/~building-pc/pc/pc1986.htm

マイクロソフトの上場目論見書

Microsoft
http://www.lannigan.org/pdf/Microsoft_prospectus.pdf



http://www.lannigan.org/pdf/Microsoft_prospectus.pdf

この中で、気になる一文を発見!


Deepl翻訳してみた…。

当社の元取締役執行役員である西和彦氏は、当社に対して債務を負っております。
1985年12月31日現在、元本100,000ドルおよび275,000ドルの借入により509,850ドル(※5098万円)を計上しています。
1981年と1983年に作られました。いずれも年12%の利息を支払っております。当社は、返済を疑っており
これに伴い、当該債権の回収不能見込額を全額引当てております。西氏はアスキーのプリンシパルです。
株式会社アスキー(以下「アスキー」といいます。に入っております。
その関係を終了させるためのプロセス。ビジネス – マーケティングと流通 – 国際」を参照。
OEM販売を行っている。” アスキーとの間で締結された契約は、当社の
また、アスキーは、アスキーのテリトリー内でのOEM販売の30%の手数料をアスキーに支払うことができるようになりました。年までは
最近ではアスキーの領土は極東だったが、1985年9月には日本のみに限定された。アスキー
また、マイクロソフト製品の製造を含む小売販売も行っています。
は、その収益の30%をマイクロソフトに支払っています。1983年、1984年、1985年の各会計年度において、マイクロソフトはOEMの手数料を
をアスキーに譲渡し、それぞれ2,090,000ドル、4,377,000ドル、5,179,000ドルを受領しましたが、受領した金額は以下の通りです。

アスキーのマイクロソフト製品の小売売上の一部として、それぞれの年に1,000,000,000ドルを計上しています。
1986年1月6日、当社はトーマス・M・ロペスをCD ROM担当副社長に採用しました。
当社は、ロペス氏が設立した2名の従業員によるCD-ROMの研究開発会社の発行済株式の全てを、ロペス氏他1名から取得しました。買収した会社の
主要な資産は開発中のCD ROM関連製品だった。ロペス氏は8万16000ドルを受け取った。
株式に加えて、買収された会社の製品の販売でマイクロソフトが獲得した収益の1.8%を加えたものです。
1990年1月5日に終了する4年間に ロペス氏は最低3万ドルのロイヤリティを受け取る権利がある。
4年間の間に
ゲイツ氏の父親は、当社のジェネラル・カウンセルであるShidler McBroom Gates & Lucasのメンバーです。
1978年以降 1983年度、1984年度、1985年度には、弁護士費用及び弁償金を受領しております。
当社からの費用は、154,833ドル、216,932ドル、536,532ドルです。
現時点での借入金残高は、利害関係を有しない、かつ、利害関係を有しない従業員の過半数の賛成で承認されています。
独立した取締役。役員、取締役、従業員への将来の融資はすべて、その過半数の承認を得ることになっています。
無関心で独立した取締役の を締結することはありません。
関連当事者との取引については、利害関係を有しない独立した取締役が、以下のように判断した場合を除き、関連当事者との取引を行います。
このような取引条件は、当社にとって、関連当事者以外の者との間で行われた場合と同等以上に有利な条件であると考えられます。

Kazuhiko Nishi, a former director and executive officer of the Company, owed the Company
$509,850 as of December 31, 1985, pursuant to loans in the principal amounts of $100,000 and $275,000
made in 1981 and 1983. Both loans bear interest at 12% per annum. The Company doubts repayment and
has accordingly fully provided for the uncollectibility of these loans. Mr. Nishi is a principal of ASCII
Corporation (“ASCII”), the Company’s exclusive sales representative in Japan. The Company is in the
process of terminating that relationship. See “Business — Marketing and Distribution — International
OEM Distribution.” The Company’s agreement with ASCII, which has been in effect for a number of
years, provides for the payment to ASCII of a 30% commission on OEM sales in its territory. Until
recently, ASCII’s territory was the Far East, but it was limited to only Japan in September 1985. ASCII
also handles the retail distribution, including manufacturing, of Microsoft products in its territory and
pays Microsoft 30% of those revenues. In fiscal 1983, 1984, and 1985, Microsoft paid OEM commissions
to ASCII in the amount of $2,090,000, $4,377,000, and $5,179,000, respectively, and received less than
$1,000,000 in each of those years as its portion of ASCII’s retail Microsoft product revenues.
On January 6, 1986, when the Company hired Thomas M. Lopez as its Vice President, CD ROM
Software, it purchased from Mr. Lopez and one other individual all of the outstanding stock of a twoemployee CD ROM research and development company founded by Mr. Lopez. The acquired company’s
major asset was a CD ROM-related product which is in development. Mr. Lopez received $81,600 for his
stock, plus 1.8% of the revenues earned by Microsoft on any sales of the acquired company’s product
during the four years ending January 5, 1990. Mr. Lopez is entitled to a minimum of $30,000 in royalties
during the four-year period.
Mr. Gates’ father is a member of Shidler McBroom Gates & Lucas, the Company’s general counsel
since 1978. In fiscal 1983, 1984, and 1985, the law firm received legal fees and reimbursement of
expenses from the Company in the amounts of $154,833, $216,932, and $536,532.
Loans outstanding at the present time have been approved by the majority of the disinterested and
independent directors. All future loans to officers, directors or employees will be approved by a majority
of the disinterested and independent directors. In the future the Company will not enter into any
transactions with affiliated parties unless the disinterested and independent directors determine that the
terms of such transactions are at least as favorable to the Company as if made with unaffiliated parties.

International OEMは19%の流通シェアだった
International 小売は13%

上場目論見書で、債権放棄の記載で損金計上していたとは…。

西和彦氏の2020年のご著書 『反省記』によると…



  • 0
  • 205
Toshiaki Kanda