High Five Escalator

<

free Hugキャンペーンは、欧米では人々とのコミュニケーション手法として斬新だったが、日本では、なかなか知らない人とハグするのはむずかしい様子だ。

しかし、High Fiveならば、日本でも、抵抗感がなく受け入れられるかもしれない。

握手よりも、ハイタッチなほうが、もっとカジュアルな感覚だから、日本でも普及するのかも。

問題は、タッチするための意味のあるメッセージが重要かもしれない。

ティッシュ配りに、「ハイティッシュ」とか、サンプルドロップにもこのような、事前に何かあると感じてもらうことによって、販売促進キャンペーンに活用できそうだ。

夏場の飲料のサンプルドロップにも有効だろう。

こんなサプライズなプロポーズも、メッセージボードで意外性を演出できる。

参加協力する人たちまでが、ハッピーな気分になることだろう。

レストランで回りのお客さんを巻き込んでハッピーバースデーくらいならできそうだ。

Will You Marry Me?


フローズングランドセントラル

Frozen Grand Central

スローモーなイタズラ 思わず、ナイト・シャマランの「ハプニング」を彷彿させます。

BEST BUY 

ここまでやると、もう営業妨害に近い。

青いポロシャツにチノパンでいるだけど、店は大迷惑。


 

 

 

 

MEGASTORE
 

こちらは、お金をいただいて、店側のキャンペーンとしてやるべきでしょう(笑)
 


 

 

 Food Court Musical

ショッピングセンターのデモンストレーションなどにできれば楽しそう!!
 

 



この記事に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。