1,159 Views

日本マクドナルド全店売上 4,463億円 2015年1月売上前年比▲38.6%通期決算は218億円の赤字 

http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2015/release-150205a.html

2014年 平成26年 通期連結決算

全店売上 4,463億円
連結売上 2,223億円
連結営業利益  ▲67億円
連結当期純利益 ▲218億円

2月5日、日本マクドナルドホールディングスは、2015年1月の月次セールスレポートを公開、1月の全店売上高、既存店売上高ともに対前年比38.6%減となった。売上高の減少要因については、事業環境が厳しいことに加え、「年初に異物混入の事例が発生したことの影響」としている。期間限定商品「てりやきチキンフィレオ」「ダブルてりやきマックバーガー」や、新サイドメニュー「カーリーポテトフライ」販売などの取り組みをするも、消費者の信頼を取り戻せなかった形だ。

また、この日は昨年12月期(平成26年1月1日〜平成26年12月31日)の通期連結決算も発表された。チキンナゲットの使用期限切れ食材の問題などが影響し、最終的な損益は218億円の赤字となった。今年度の見通しについては、異物混入の影響を見積ることができないため未定としている

引用元: マクドナルド異物混入の影響で1月売上前年比38.6%減。昨年度通期決算は218億円の赤字に。 – BIGLOBEニュース.

この記事に関連する記事